多肉パッチン(3)
2017年03月20日 (月) | 編集 |
たにくるみを植えたヘアパッチン、ちょっと増えました。

 tanikurumi55.jpg

赤系のも作りましたよ。

 tanikurumi56.jpg

今日は文房具屋さんに行って
きれいな紙を買ってきました。
写真では うまく撮れていないけれど、
少し光沢もある紙です。

これを使って、台紙を作ってみました!

 tanikurumi57.jpg

いろいろと試作して試行錯誤しましたが、
なんとかうまく止めることができました。

ちょっとおめかしされて、
いい感じに見える気がします(^^)

多肉パッチンはクリエイターズマーケットに
持っていってみようかなと思っています。

クリマではアクセサリ系の出店が多くて、
それぞれに素敵な台紙にセットされて
売られていました。

あみコレがラッピング不可ということもあって
これまで「見せ方」に関する研究や練習を
考えてこなかったので、
どのブースでもラッピングやディスプレイの
クオリティが高いことに驚いたものでした。

 tanikurumi58.jpg

わたしも、展示の仕方も
考えていかなきゃいけませんね。

   *

# 昨日、拍手からいただいたコメント、
  ありがとうございました!
  とても心強くなりました(^^)
  お客さん誰も来ないと淋しいので、
  ぜひぜひ遊びに来てくださいね~

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(10)・復習
2017年03月19日 (日) | 編集 |
この前作った手まり、復習しようと思います。

ところで、今まで書いてなかったですけれど
わたしは手まりの芯に
発泡スチロールの玉を使っています。

 temari10-08.jpg

キットではキルト綿だけを丸めて作るように
なっているんですが、
きれいな球にできる気がしなくて、
たまたまあったスチ玉を使ってみたのでした。

この中にこれが入ってるんだよ、と娘に言ったら
「ちっちゃ!」と驚いていました。
キルト綿も巻いていますからね。

これを入れてもでこぼこしちゃう時があるので、
なかったらさらに いびつになっちゃいそうだな
と思います。

ズルいかもしれないけれど、これからも
スチ玉の助けを借りて作ろうと思っています。

 temari10-09.jpg

以前、ちりめんの小物作りを楽しんでいた頃に
買ったものだったと思います。
今回で手持ちのスチ玉を使い切ったので、
また買っておきました。
あと20個作れるよ~

 temari10-10.jpg

さて復習用の手まりは、土台を黒で作ってみました。
今回の模様が映えそうな気がするんです。
金色の糸も、よく合いますね。

 temari10-11.jpg

たかだか2度目では劇的にうまくはなりませんが、
赤い土台の時に比べて
最初の糸は劇的に見やすかったです。

 temari10-12.jpg

できました~

どうですか、やっぱりこの配色、
黒に合うように思えますね!

 temari10-13.jpg

このデザインはてっぺん側から見た模様が
きれいで気に入りました(^^)
てっぺんを上に向けて木箱に入れておこうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
レゴランド・オープン記念スクラッチ
2017年03月18日 (土) | 編集 |
レゴランドのオープン・4月1日が
もう目前ですね(^^)

マクドナルドで関連キャンペーンが
行われていると聞いたので
行ってみました。

 LEGOland01.jpg

愛知・三重・岐阜・静岡の
東海地方の4県限定なのですが、
1,000円以上のお買い物で
スクラッチカードがもらえるとのこと。

 LEGOland02.jpg

A賞は1DAYパスポート、
B賞はアトラクションの優先チケット、
C賞は限定記念ブロック。

限定記念ブロック、どんなだろう?

クリックブリックで 2×4ブロックに
好きな文字を彫り込んでくれるサービスが
あるので、あんな感じかな?

B賞・C賞はレゴランド内での引き換え
ということなので、
"当たった人にお客さんとして来てもらおう"
という狙いがあるようですが、
フツウにお客さんいっぱい来そうですけどねー。

削ってみました。

 LEGOland03.jpg

ああっ、はずれたー( >o<)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ ジャンル:趣味・実用
ビーズモザイク・ガイ
2017年03月17日 (金) | 編集 |
ビーズで作るFFのキャラクター、
今日はFF2のガイです。

 beadsFFRK360.jpg

最初からいっしょにいるのですが、
あまりしゃべることもなく、
人となりが全然分からない人です。

フリオニールやマリアといっしょに
逃げていたので、彼もまた
マリアの両親に育てられていたのかな。

 beadsFFRK361.jpg

「ドワーフ族です」と言われても納得できそうな朴訥な人です。

自由なFF2ですから
魔法使いに育てたっていいのですが、
やっぱり彼には斧が似合う気がしますね。

この素朴な雰囲気を
小さなドットで表現するのは
難しいだろうと思いますが、
ビーズにするために細かいところを見ていたら
気がつきました。

ガイは、瞳が1ドットなんですね!
他のキャラクタは大抵
男性は2ドット、女性は3ドットで
瞳が描かれています。
目の小ささが表されていたんだなぁ。

   *

先日 "雪原の洞窟" というダンジョンに
挑んでいました。

その名のとおり雪深い山奥にある洞窟で、
しんしんと冷える地底に
水がたまっているところまであります。

よけて進むのかと思いきや
肩まで水につかって行軍する必要があって、
ええええ死ぬぞ、と思ったりしました。
「八甲田山死の彷徨」かよ。

そんな洞窟の最深部に近いフロアで
ある扉をくぐったら、
なんかいました。

 beadsFFRK351.jpg

えー何! ジャイアントビーバー?
知らない(笑)!

今だったらモーグリでも出しそうな
感じですけどね、
モーグリの登場はFF3からです。

"ガウー!ワウー!" しか言わないけど
かわいいのでテンションあがっていたら、

 beadsFFRK352.jpg

ええー!

なんでわかるのよ(笑)。
フリオニールたちもめちゃ驚いてましたよ。

でもガイのおかげで
大事なアイテムのありかを
ジャイアントビーバーから教わることが
できたのでした。

ガイはこの洞窟の出口でも

「おまえ おいて 行けない…!」

と思いやりを見せる場面があり、
少ない口数がかえって
心の優しさを伺わせる気がしました。

 beadsFFRK362.jpg

さぁこれで、FF2の初期パーティが揃いました。

たぶんガイは大柄なので
マリアと同じ大きさなのは若干違和感ありますが、
制約もあるだろうから仕方がないですね。

ここにこれから、さまざまな仲間たちが
加わっていくことになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
おひげサボちゃんとムーディーな夜
2017年03月16日 (木) | 編集 |
この前、夜ごはんを食べていたら
急にリビングの電気が消えてしまいました。

「わー、おしまいなんですかー?」とか娘と言いつつ
キッチンやダイニング、普段つけていない補助照明
なんかをつけたら
ムーディーなレストランくらいの明るさにはなったので
まぁ一晩それで しのぐことにしたのですが・・・

ちょっと前に「ホンマでっか!?TV」で武田先生が
「欧米では天井灯は主流じゃない、
夜、部屋中を真昼のように明るくするのは日本だけだ」
というようなことを仰っていました。

本来は暗いはずの夜間まで
偏った波長の人工灯を長期間浴び続けることが
人間に及ぼす影響は、まだ分からない。
人類は何万年も焚き火の灯りで夜を過ごしてきたから、
本当は足元を照らすフットライトや
スタンドライトの光が、体をリラックスさせてくれるというお話でした。

その時はなるほど、と思ったのですが、
実際ムーディーな夜を過ごしてみると、
なんだか落ち着かないし若干暗くてイライラしました。
もう、こうこうと明るい夜に慣れちゃっているんですね。

編み物しようにも、編み目が見えないというよりは
編んでる糸の色がよく分からなくて、
違和感あったのでやめてしまいました。

編み物は秋冬の長い夜に針を動かすイメージがありますが、
欧米の人々は、スタンドライトで編んでいるのかなぁ?

そうこうしていたら、その日にまさかの
キッチンまで蛍光灯が切れて、思わず
「ウソやろ!」と口から出てしまいました。
関西人じゃないのに。

次の日、切れた蛍光灯を片手に
家電量販店に行きましたが、
蛍光灯って難しいですよね。
同じ型番の商品があればまだ良いですが、
たまに廃版になっていたりすると、
どれなら代替がきくのか、自分で判断しないといけません。
間違えたら電気つかないので、緊張してしまいます。

売り場で見ていたら、あまりにも
「????」がわたしの周りに浮かんでいたのか、
店員さんの方から声をかけてきてくれて、
あっという間に買うべき蛍光灯を選んでくれました。

すっご!
プロやね!(また似非関西人)

親切にしてもらって超嬉しい気分になったので、
あの暗い夜の不便さも吹っ飛んだのでした。

   *

さて今日は ちょっと面白いパーツがあったので、
こんなサボちゃんを作ってみました。

 sabo2017-04.jpg

ひげサボちゃん。

くちのないあみぐるみは、
わたしにとっては珍しいです。

 sabo2017-05.jpg

おだんごがふたつあるサボちゃんは
なんとなく女の子っぽい気がするので、
おひげをつけるのはやめておきました(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用