ファニチャートロ(12) モザイクタイルスツール
2021年07月30日 (金) | 編集 |
今日用意した木材はこちら。

 toro2021-111.jpg

5mmと4mmの角材と、コーヒーマドラー。

 toro2021-112.jpg

塗装して組み合わせたものを、

 toro2021-113.jpg

太めのワイヤーでつなぎます。
これがなかなか難しいのですけれども、
壊れない程度にぎゅぎゅっとクランプで
締めたりして、なんとかしました。

 toro2021-114.jpg

構造はこれでできあがりです。
残りは天板。

 toro2021-115.jpg

厚紙を角切りにしました。
カラーボックスの時の折り紙は
0.5mm角で小さかったのですが、
今回は2mm角くらいなので
その時よりは扱いやすいです。

 toro2021-116.jpg

これを別の厚紙に、並べて貼っていきます。
ちょこっとだけ隙間をあけつつ貼りたいなと
思うのですが、どのくらいが良いか迷いつつ
貼っていきました。

 toro2021-117.jpg

色づけした紙も使って、トロの顔が描けましたよ。

きちんと測ったつもりでも、
シャーペンの芯やカッターの刃にも
厚みがあるせいか
けっこうふぞろいに切れてしまうので、
よさげな大きさに偶然切れたものを選んで使いました。

 toro2021-118.jpg

採用されなかった紙片が
累々と屍のように残っています。

 toro2021-119.jpg

思い切って全体にニスを塗って、つやを出します。

これを先ほど組んだものに載せて、
できあがりです。

 toro2021-120.jpg

モザイクタイルスツールを作りました。

がんばったけど正直精度があまり高く
ならなかったのですが、
ニスでつやつやの感じもよく出て、
遠目で見るとわりといい感じです。

 vignette01-62.jpg
 (再掲)

一番最初のミニチュアビネットの時、
ウッドスツールを作りました。

これの座面にトロの顔をあしらったものを
作ろうかな、と最初は思いました。
布にクロスステッチができるようになったので、
その方法で……と考えたのですが、
ドット絵を描くなら、
タイルクラフトにしても良いのでは……と
思いついて、
最終的にこのような形になりました。

タイルクラフトは実際にやってみたいなーと
以前から ちょっと憧れているところがあって、
ミニチュアで先に試した感じになりました。

 toro2021-122.jpg

こうやってトロの顔を描くと、
「顔が隠れちゃうから上に物を置きたくなくなる」
という本末転倒感覚が発生することが
簡単に予想されたので、
下の方にも棚を作って、そちらに物が置けるように
してみたのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック