ミニチュア・コーヒーハウス(6)
2021年02月27日 (土) | 編集 |
建物がだいぶ組み上がってきましたが、
ここで難しそうな作業をしなければなりません。

このシリーズの第3回で書いたとおり、
これは照明がつけられるタイプのミニチュアです。
既に ひとつだけ作りましたが、
あと3種類ランプがあるので挑戦しようと思います。

 coffeeHouse76.jpg

これは、黒い針金を曲げたところ。
毛糸のとじ針に巻いて形を作りました。

 coffeeHouse77.jpg

金具と合わせて、なんとかランプできあがり。

これは、1階の天井の照明です。
2階の床の裏面に設置するわけですが、
床を敷いてから作業するのは難しそうなので
床を建物に貼る前にランプをつけました。

 coffeeHouse78.jpg

この段階でちゃんと点灯するか、いったん確認。

無事につけられたので、2階の床を貼りました。

 coffeeHouse79.jpg

右上隅のところに少しだけ作っておいた切り欠きから
コードを出しています。

 coffeeHouse80.jpg

ランプをもうひとつ。
2つの金具の組み合わせで、よい感じになっています。

 coffeeHouse81.jpg

こちらは予め穴のあけられたボード。

 coffeeHouse82.jpg

ラベルを貼って、その後に穴を開け直します。

 coffeeHouse83.jpg

ここから電球を出すわけですね。

これで、4種類の照明が用意できました。
あとは配線の処理です。

前回扉をつけた勝手口のところ、
あのバックヤードは現実のお店なら
「厨房」にあたるのでしょうが、このキットでは
「電池パックの格納庫」ということになります。

 coffeeHouse84.jpg

というわけで、4個のランプから出た配線を
1つにまとめて、バックヤードへ流します。

 coffeeHouse85.jpg

陽極と陰極、それぞれ4本ずつ配線があるので、
色を間違えないように気をつけて
電池パックから出た線につなぎます。

つなぎ方はまた少々おとうさんに指南をあおぎました。
説明書の写真とはちょっと違うけれど、
平行に並べて捩る感じでつながるだろう、とのこと。

どうしてもうまくいかなかったら
ハンダでつけてあげるよ、と言ってくれましたが、
なんとかつなげることができたと思います。

 coffeeHouse86.jpg

配線どうしが短絡しないように
絶縁テープで巻いて、これでOKのはず……!

 coffeeHouse87.jpg

ところで、あらかた組み上がったのに
パーツが残っているので気づいたのですが、
このくぼんでいるところに
棚板が入るようです。

説明書にはこの辺がクローズアップされた写真が
ないので困ったのですが、
盲点というか、このキットを購入した
楽天のサイトの商品画像が参考になりました。

けっこういろんな角度から撮られた写真が
説明書よりも高い解像度で見られるので、
かなり助かりました。

 coffeeHouse88.jpg

画像から、どのレンガのあたりにくるかを
数えながら、棚板をつけていきました。

 coffeeHouse89.jpg

というわけで、建物の全体像はこうなりました。

さっき、ボードの穴から覗くランプがありましたが、
その手前にさらに看板がついて、
間接照明っぽくなるようです。

では次回、いよいよ小物類を飾っていきたいと思います。
たのしみ!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:模型・プラモデル ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック