ミニチュアシロツメクサ
2020年11月20日 (金) | 編集 |
昨今なんでも動画になっていますね。
手作り系の制作過程を映したコンテンツも、たくさんあるんですね。
こういう系統だと海外の方の動画も言葉が分からなくても見られるし、
今ってほんと、すごく楽しい時代ですね。

粘土細工の制作工程も、動画であげてくれている方が
けっこういて、
先日シロツメクサの作り方を知りました。

面白そうな作業だったので、
わたしもやってみたいと思います。

自分が考えたことではないから
途中ははぶきますが、こんな感じ。

 miniGarden01.jpg

案外、初めてでもそれらしくできます!
いくつか作るうち、気をつけるポイントも分かってきます。
やっぱり楽しい作業でした(^^)

葉っぱもついでに作ったし、
せっかくなので何か飾れるようにしてみたいです。

 miniGarden02.jpg

容器を作りましょう。
厚紙、およびその他のパーツを
おなじみの銀色マーカーで塗りました。

 miniGarden03.jpg

ブリキのバケツできあがり。
ワイヤーをくるっと一周巻いてみたら、
バケツ感が増していい感じになりました。

 miniGarden04.jpg

(底の感じも うまくできた・・・!)

取っ手は粘土です。
木材だと、貫通する細い穴をあけるの難しいけれど
やわらかい時の粘土なら何でも挿せちゃいます。

 miniGarden05.jpg

土を入れましょう。
(ドリップコーヒーです)

・・・園芸用の土を買ってきて、
花壇やプランターに使ったとします。

一度に使い切れなかった残りを、
まぁそのままでもいいけどビニール丸出しは
庭がごちゃごちゃするから
使ってないバケツに入れときましょ、
ということは普通にあると思います。

で、しばらく経ってある日ふと見たら、

 miniGarden06.jpg

雑草めっちゃ生えてた・・・!
という状況です。

実際よくあるんですよね。
プランターや鉢にいつの間にか何かしら生えてて、
よく見る雑草なら判別できるけど、そうではない
それなりにしっかりしたきれいな葉っぱだったりして
宿根草なのか木なのか
自分が買ったかおとうさんが植えたのか
何もかも分からない・・・
花でも咲けば何か分かるだろう、と様子を見つつ
何年も葉っぱのまま過ごしてる鉢とか
いくつもあります。

 miniGarden07.jpg

生えたのがシロツメクサなら、
わりと嬉しいかもですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック