職場体験
2019年05月23日 (木) | 編集 |
今の中学生は、授業の一環で
インターンシップみたいなことを
させてもらうんですね。

娘が幼稚園の時、
「中学生のおねえちゃんたちが来てたよ」
みたいなことがあって、あれも
職場体験授業だったんだろうと思います。

時が流れ、娘は今年、職場体験に
行く側の学年になりました。

各自の行きたい職種の希望を聞いた上で
学校が行き先を割り振ってくれるのですが、
娘が配属になったのは
学校からまぁ車で2~30分あれば着くな、という
場所にあるお店でした。
わたしは行ったことなかったけれど、
国道に出てぴゅーっと行って あの辺曲がったら
あるわ、と想像できる程度の距離のところです。

ただ、これが中学生が
公共交通機関を使って行こうと思うと、
そのミッションの難易度は格段に跳ね上がるんですね。

大都市やその周囲以外の地域は、
車社会だと思うんです。
車は一家に一台ではなく大人一人に一台。
わたしも、ふだんバスや電車に乗ることはないです。

だからまず、何を使ったらあの辺に行けるのか?
というところから未知。
電車の駅はなさそうだからバス亭を探すけれど、
何バスが通っているかも未知。
その市のまちバスが走ってそうだ、ということが
分かっても、そのバスがどこから出て、
どうしたら最寄り駅からそこへ行けるのかも未知。
そもそも自宅の最寄りのバスが
どこへ行けるのかも把握してないし。

だからもう、路線や時刻表を調べるのに
めちゃくちゃ時間がかかってしまいました。
娘は中間テストの勉強もしないとマズイのに(^^;)

でも調べるうちに、存在すら知らなかった
地域バスの路線があることとか分かって
ためになりました。

結局先生とも相談して「これで行こう」となったのは、
バスと鉄道を3回乗り継ぐという
小旅行かよみたいな経路でした。
途中、乗り継ぎの間隔が「2分」というところがあったり、
乗り遅れたら次のバスが1時間後、みたいなこともあったり、
それでいて先方には「○時に伺います」と
キッチリ時間が決めてあったり、
日本の交通機関は正確だけど、
バスは渋滞もあるだろうし、
鉄道は事故で止まることもあるし、
運を天に任せるしかない不安が募る計画です。

帰りは帰りで、行きの経路は
終バスの関係でそのままは使えず
別ルートを考える必要があったり、
乗り継ぎが悪くて、各乗り換えで
50分待ち、1時間待ち、と時間がかさんで
学校着くのが19時半、みたいなことにもなって。

乗り過ごしたり予定の乗り物が来なかった場合、
スマホがあれば検索して
迂回路や代替案を検討することができるけれど、
携帯類は禁止だし、
学校へヘルプの連絡を入れるには
まず公衆電話を探す必要がある。
こどもたちは生まれてこの方
公衆電話を使ったことなんてないし、
通話時間によって料金が発生する、という感覚もないはず。

最初に書きましたけど、
車ならドアtoドアで2~30分なんです。
自動車のありがたみを、あらためて感じますね。
そして、大人はほんと、こどもに比べたら
なにもかもが恵まれています。

普段当たり前にしている
「車が使える」
「スマホがある」
「お金がある」
という大人のごくごく普通の生活は、
普通でも何でもないんだなと気づかされます。

ひとつでもないとずいぶん不便になるものが
ひとつもないんだから、
ミッションの難易度も上がろうというものです。

でも、困難な分、お店の中での体験以外にも
いろんな経験値が上がりそうですね。
無事に実習を終えられるよう祈りながら、
応援したいと思っています(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ


スポンサーサイト

  テーマ:学校行事 ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
早いねぇ
もうそんな年齢なんですね。ほんと 子供の成長って早いよね。うちは ご近所のお店に決めたので徒歩だったけど、お友達は 電車を乗り継いでの遠い航空だったり…色々でした(ただ、職体するお店への交渉?も各自やったらしいよ)ナーさんとこの娘っこも 頑張れ‼︎
2019/05/26(Sun) 08:17 | URL  | おぅ #-[ 編集]
おぅさん、こんにちは。

娘の学校も、徒歩圏や自転車通勤圏のところへ
行く子も多いみたいで、そんな子たちは
「バスとかで遠出したかった~~」なんて
うらやましがってるそうで、
ぜんぜん代わるよ?って感じw

励ましありがとう!
本番は来月なので、ドキドキです。
2019/05/26(Sun) 11:14 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック