神奈川沖浪裏クロスステッチ(4)
2018年07月30日 (月) | 編集 |
「神奈川沖浪裏」のクロスステッチの進捗です。
4分割した左上から刺しています。
前回までで、色糸部分が刺せました。

 hokusai2018-19.jpg

残りの、白糸で刺す部分を埋めていきます。

 hokusai2018-20.jpg

1ヶ所紺色の糸、刺しもらしているところが
ありました。
左下を刺す時に、刺し足そうと思います。

 hokusai2018-21.jpg

「白糸」と書いていますが実際には
古文書的な くすんだ色なので、
刺してない時の方が白いですね。

 hokusai2018-22.jpg

ここの差し残してあるところは白ではなく、
ほんの少し違う青色で刺す指定になっています。

この色で刺す部分は非常に少なくて、
入っている糸も1房だけです。

 hokusai2018-23.jpg

家にあった北斎さんの図録を見てみると、
ここだけ特別色が薄いようには見えないです。

浮世絵は版によって刷り上がりに多少の差が出るから、
デザイナさんが参照した版は
色が違って見えたのかな?

 hokusai2018-24.jpg
 (とても微妙な差)

 hokusai2018-25.jpg

白いところを白で刺すのは
こうして経過を並べてみても
(想像通り)それほど
エキサイティングではないですね(^^;)

でもわたしはわりと楽しんで刺しました。
細かく図と首っ引きになる必要がないから
気楽に埋めていけます。
波の頭の一面 白いところなんかは
スイスイ刺せて気持ちが良かったです。

刺した糸の量からも
白糸が一番面積が広いので
最後に残して正解だったように思います。

できれば4日で刺し終わりたかったので
そのように進んで良かったです。

 hokusai2018-26.jpg

左上部分のクロスステッチ完了です。

 hokusai2018-27.jpg

まだここにステッチを重ねる部分も
あるのですが、ひとまず措いて、
別のエリアへ進んでみようと思っています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト




  テーマ:クロスステッチ ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック