LEGO(21310) つり具屋(4)
2018年04月28日 (土) | 編集 |
今日は「つり具屋」の続きを作ります。

 LEGOOldFishingStore58.jpg

袋「5」に入りますよ~

 LEGOOldFishingStore59.jpg

まだまだたくさんパーツあります。
ちょっとした小箱セットよりも多いですね。

 LEGOOldFishingStore60.jpg

大小のコンテナやタルなど、
好きなパーツがいっぱい!
コンテナはいろんな色が出ているんですね。

 LEGOOldFishingStore61.jpg

ディテールを表現する小物類が
いろいろと格納されていきます。
宝箱パーツは工具箱になりました。

 LEGOOldFishingStore62.jpg

手前の灰色のリールやフックなどの釣り具は
もしかしてこのセットのために作られたもの?
と思ったけれど、調べてみたらどちらも
20年前(1998年)からあるものでした。
しらんかったー。

 LEGOOldFishingStore63.jpg

絵柄タイルもたくさん入っています。
これらも以前からあるもの。
あるものを活かしまくって設計されているんですね。

 LEGOOldFishingStore64.jpg

大きなコンテナには
とれたてのお魚たちが入れられました。
しっかり氷も敷かれています。

 LEGOOldFishingStore65.jpg

このタイヤの使い方は
とてもうまいなーと思いました。

 LEGOOldFishingStore66.jpg

ダイバーのボンベは、これだとちょっと
取れやすそうだなと思ったのですが、

 LEGOOldFishingStore67.jpg

ちゃんと取れないように首がつきました。
(このつけかたも考えられていました)

 LEGOOldFishingStore68.jpg

モリやタモなど、海で使う道具が
どんどん飾られていきます。

 LEGOOldFishingStore69.jpg

この重りっぽいものがカッコいいなと
思いましたよ。

 LEGOOldFishingStore70.jpg

この辺りは、壁の外にも内側にも
スタッドが出るように工夫されていました。

 LEGOOldFishingStore71.jpg

(梁に浮き輪がかけられている感じ)

 LEGOOldFishingStore72.jpg

続いてこれらのパーツは、

 LEGOOldFishingStore73.jpg

またつぶつぶになり、

 LEGOOldFishingStore74.jpg

可動壁になりました。

左端のところ、タイルがはみ出しているのが
気になるかもしれませんが、

 LEGOOldFishingStore75.jpg

壁につけた時、うまく端までカバーするための
配慮なのでした。(すごい)

 LEGOOldFishingStore76.jpg

さらにこの上に、屋根のサイド部分が組まれました。
「5」の袋はここまで。
次、天井が架けられるのかな?

 LEGOOldFishingStore77.jpg

だいぶできあがってきましたね!
今回は小物類が充実していました。

 LEGOOldFishingStore78.jpg

残ったパーツはこんな感じですが・・・
あれ?
細かいのは予備のエクストラパーツでしょうが、
大きなイカリが残っていますね。
見逃してつけそびれちゃったかな?

続きを作る時、つけるところがあるか
注意しておきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、また訪問しました。
いつ見てもかわいいですね。
応援ポチッと押しました。
2018/04/28(Sat) 16:21 | URL  | ゆりりん #-[ 編集]
ゆりりんさん、こんにちは。

ブログ見てもらえてとても嬉しいです。
いつもありがとうございます(^^)♪
2018/04/29(Sun) 08:55 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック