プチアフリカンハートクッション
2017年06月27日 (火) | 編集 |
アフリカンフラワーの話の前に、1点訂正です。

おとといの納品の記事で、委託先のえいこーんずさんの
イベント出展情報をお知らせしましたが、
28日のイベントは出られないそうです。
正しい予定はえいこーんずさんのツイートのとおりです。
よろしくお願いします。


納品したあみぐるみも Webショップ にアップしてくださったので、
よかったらご覧くださいね(^^)

 haycorns00.jpg

   *

さて昨日の記事で、アフリカンフラワーモチーフの
改造を考えていることを書きました。

いろいろ考えた末、
本家アフリカンフラワーモチーフのテイストを活かした
小さなモチーフを新たに考えることにしました。

プロトタイプができたので、それをもとに
角の数を増やしてみたり配色を考えたりしました。

 africanFlower13.jpg

これは、花びらのふちの部分を
すじ編みにしたらどうだろうと試したものですね。
(左側が、すじ編みタイプ)

 africanFlower14.jpg

四角形や六角形も編めたので、
とりあえずこのデザインのモチーフで
組み合わせてみることにします。

配色は、ふちの色は共通で、
中央の茶色やピンク系の部分は
複数色使っています。
お花モチーフの糸はカラーバリエーションが多いので
微妙な色違いが編めて楽しいですね。

 africanFlower15.jpg

モチーフの数を増やしました。

ちなみに、それぞれ1本だけ編み始めの糸端を
始末せずに残しています。
これは、いつもの「お花モチーフの会」の
時も同じようにしています。
理由は、つなぐ時に裏表を間違えないためです。

表か裏か、見れば判断できますが、
稀に迷う時があったり、
うっかり間違える可能性が捨てきれません。
1本糸端が出ていたら
間違えた場合すぐ気がつきますから、
念のための配慮ですね。

フェイルセーフとかフォールトトレラントとか
リスク管理の手段がいくつかありますが、
それで言うところのフールプルーフかな?

「人は、間違うものである」を前提に
間違えても大丈夫なように、あるいは
間違えた操作をさせないようにする対策です。

できあがったーーと思った後に
1枚だけ裏返しが入っているのに気づく・・・とか
想像したくもない大ショックです。

わたしは自分がうっかりさんである自覚があるので、
絶対にいつか間違える、と思って
今日も糸端を残すのであります。
写真が見苦しいかもしれないですが、
どうかご容赦いただけたらと思います。

では組み合わせていってみます。

 africanFlower16.jpg

今回はオリジナルではなく、
Joさん がサイトで公開してくださっている
フリーパターンをお手本にしています。

 africanFlower17.jpg

どんどんぼっさぼさになっていきますが、
ちゃんとできあがることが分かっているので
安心して進められます。
縦横無尽につなげていくのが、とても楽しい!

 africanFlower18.jpg

最後の最後で、六角形が2枚足りないことに
気がついて「あっ」となりましたが、
モチーフが小さいので、編み足すのも すぐです。

 africanFlower19.jpg

できましたーー。
ハートのクッション完成です。

自作のモチーフでも、
アフリカンフラワーモチーフつなぎの
あみぐるみっぽく、できあがりましたね。

つなぎながら、
「こうするとこういう形にできるのかー」と
とても感心しましたよ。
かわいいものを作らせてもらえて、ありがたいです。

 africanFlower20.jpg

「こぶりに作りたい」というわがまま目標は
叶えられたようです。
つばきちゃんにちょうど良いくらいのサイズに
仕上がりました(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック