新たなる謎の木
2017年05月10日 (水) | 編集 |
庭に生えてくる草は基本的に抜きますが、
時折、なんだろう? と気になった草を
残して様子を見てみることがあります。

 garden2015-08.jpg
 (ビフォー)

小さい頃は分からなくても、
大きくなると種類が分かったりします。

 garden2017-02.jpg
 (2年後)

これは分かりやすかった、ナンテン。

 juneGarden2014-27.jpg

これはあれよあれよという間に
松の木に変身して正解が分かった苗。

 juneGarden2031-05.jpg
 (ビフォー)

これは現在も観察中、
「秋楡」かな? と思っている苗の最初の姿。

 garden2016-56.jpg

去年の夏、こんな感じになっていました。
今、また新芽が出てきれいです。

 aprilGarden2014-06.jpg
 (ビフォー)

これも3年くらいかけて、

 garden2017-24.jpg

ユキヤナギっぽいぞ!と分かってきたところ。

で、去年の秋に、レッドロビンの足元に
生えていたのがこれ。

 garden2016-108.jpg

横のレッドロビンの根っこが地中で分岐した?
こぼれ種なんてことが起きる??
このままでいいんだろうか、と気になりつつも
掘り上げたりしないうちに今になっています。

先日、その辺りの雑草を抜こうとして
気づいたのですが、
この草にも新芽が出てきていました。

 garden2017-37.jpg

・・・あれ?

ぜんぜん赤くないじゃん。

レッドロビンは古い葉っぱが紅葉するのではなく、
新芽が鮮やかな赤色をして生えてくるのが特徴です。

ふつうに緑色の葉っぱが出てますよ?
レッドロビンじゃなかったの?
めちゃくちゃ似てるのに・・・

謎の木が増えてしまいました(汗)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:花と生活 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック