ちいさなてまりの会(10)
2017年03月09日 (木) | 編集 |
今日は「重なる絹糸のみやび ころんとかわいい
ちいさなてまりの会」を作ります。

今回で10回目。
「燈火」というデザインです。
(たぶん読み方は
 "とうか" でなく "ともしび"、ですね)

 temari10-01.jpg

名前のとおり
土台の糸もかがり糸も赤系が多いです。
きれいな手まりになりそうで楽しみ!

 temari10-02.jpg

10等分に地割りするところまでは
いつもと同じです。
ここからのかがり方が、だいぶ違いました。

手まりの持ち方すらいつもと違って、
慣れないので難しく感じました。

 temari10-03.jpg

最初の糸が地の色と似ていることもあって
刺されてるかどうかも分からない。

途中で思ったんですけれど、
今回 似た色が多くて、どれを使うのか迷います。

 temari10-04.jpg

順に、赤紫、エンジ、濃赤茶、渋オレンジ・・・
と進んでいくのですが、どれがエンジでしょうか。

4色が一束になっていた時には、
まん中ふたつは同じ色かと思いました。
1色1色分けてみて、初めて別の色と気づいたくらい。
最初に使った赤紫も、果たして合っていたのか??

見本写真もすごく見たんですけれど
はっきり分からなくて、自信ないまま続けました。
もしかしたら順番間違えたかも・・・

それでも だんだんかがる糸が明るくなってくると
縫い目も見やすいし、慣れてきて楽しくなりました。

 temari10-05.jpg

横から見ると、いつもと模様が全然違います。
これまでは片面を刺した後 もう一度同じように
逆側の面を刺す必要がありましたが、
これは一度に仕上がるので、嬉しい気がしました。

 temari10-06.jpg

ということで、できあがり。
もしかして色の順番が違っていたら
デザイナさん、ゴメンなさい。

てっぺんにいっぱい金糸が刺してあるので、
きらきらしてとても綺麗です。
本当にきれいなデザインですね。

 temari10-07.jpg

初めてのタイプなので
側面の模様が少し不均等になっちゃいました。
難しかったな~
今度もう一度復習してみようと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック