球根の芽吹き
2017年02月09日 (木) | 編集 |
わたくしとにかく運動不足なので、
せめても、と娘が習い事をしている待ち時間、
スポーツクラブの周りを歩くことにしています。

ジョギングどころか、ウォーキングを
している人にも追い越されるので、
ウォーキングとも言えない、
まぁ散歩ですね。

その歩いている夕方という時間帯は特殊で、
たとえば正午なら、一年中 真昼間ですし、
21時なら、一年中 夜です。
でも夕方は、
夏場はまだ昼間同様の明るさですし、
冬場はもうとっぷり日が沈んで真っ暗です。

一年間、同じ時刻に歩いていても
周りの様子が全然違うので、
わりと飽きずに歩くことができています。

月や星が眺められるので冬もいいんですが、
今ぐらいの時期、ちょうど
夜と夕方の境目の時間帯になるので、
暮れゆく空のグラデーションが、まぁ綺麗!

真っ黒な森の影の向こうに
青からオレンジ、紺を経てどんどん暗くなる
空が見えるのが本当に美しい。

「アラスカ物語」のフランクさんが
北極圏で見た夜明けの青色は、
あのグラデーションの中にあるのかな?
などと思いながら歩いています。

今の季節、めちゃ寒いけれど
あの空が見えると、得したな~って
思えちゃうのでした。

 garden2017-04.jpg

そんな寒い中、昨年の秋に植えた
チューリップの芽が出ていました。

わずかに顔を出した芽を見つけた時に
ちょうどすごい寒波が来て
雪に埋まってしまって心配になったり、
そうかと思うと妙に暖かい数日になって
間違えて咲き進んだりしないかと思ったり、
ハラハラもするけれど、
やはり球根が芽を出すと嬉しいですね。

 garden2017-05.jpg

花壇の手入れの際に出てきて、
植え直しておいた
クロッカスも芽が出ていました。
咲くかな(^^)!?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:庭の植物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック