かぎ針編み指出しミトン
2016年12月26日 (月) | 編集 |
フェリシモは毎月1回商品が届くシステムですが、
カタログに載らなくなった旧作が
ほしい時に買えるコーナーもありますね。

手芸キットだと昔はクチュリエのメルスリー
という呼ばれ方をしていましたが、
今はファッション品も雑貨もキットも
Real Stock と呼んでいるようです。

この前たまたま そのサイトをみていたら、
何年も前から気になっていたキットが
出ているのを見つけました。

とてもかわいくて作りたいと思うのですが、
作りたいデザインが必ず届くわけではないので
躊躇して、頼まなかったんです。

場合によっては在庫に偏りがありますが、
そのキットは全てのデザインに在庫があったので、
全6回の中からほしかったものを
注文することができました(^^)!

 tricolorMitten01.jpg

「初心者さんにも編めちゃう スマートフォンも
楽々の かぎ針編み指出しミトン」
というのが、そのキットです。

レッグウォーマやミトンなど服飾小物は
棒針編みで作られることが多い中、
かぎ針で編める!ので気になっていたのです。

ほしかったのは「1.美しいマーメイド」
というデザイン。

 tricolorMitten02.jpg

早速編んでみます。
きつくならないよう、サイズを確認しながら
ふんわり編むのを心掛けて編んでいきました。

さすが「葉っぱ1枚」の初心者向けキット、
難しいところは なかったので
すんなり編み上がりました。

 tricolorMitten04.jpg

指やふちのあたり、
小さな手でも持てあまさないよう
少しアレンジして調整しました。

楽しかった~
かぎ針編みは伸縮性がないから
こういうものには向かないと思っていましたが、
デザインによっては全然大丈夫なんですね。

   *

ちなみに・・・
「ハンドウォーマ」と「ミトン」の
違いは何でしょうか?

なんとなく、「ミトンは厚手」
「ハンドウォーマは薄手」みたいな
イメージがありますが、曖昧です。
何か定義があって、使い分けた方が良いのでしょうか?

そもそもは、
「5本の指に分かれた手袋」を「グラブ」
と呼ぶのに対し、
「親指だけ分かれて他の4本の指は
一緒になっている手袋」を「ミトン」
と呼ぶようです。

その中で、指先が出ているタイプなので、
このキットでできあがるものは
「指出しミトン」という名前なのですね。納得。

ところでミトンの場合、「鍋つかみ」みたいな
何かの作業のために手を保護する目的で
使われるものもありますね。

ハンドウォーマでアツアツの天板はつかみませんから、
ハンドウォーマは、「用途が防寒」
と定義できるかもしれませんね。

 tricolorMitten03.jpg

それにしても、とてもよく合う3色だと思います。
ピンクに深緑を合わせる発想は、
わたしの中にはなかった・・・!

かわいいのができて満足です。

昔こども用に作ったハンドウォーマが
すごくちっちゃくなってしまったし、
明るい色なので、娘にあげようと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック