たにくるみを飾る(2)
2016年12月21日 (水) | 編集 |
たにくるみの飾り方を、もうひとつご紹介。

わたしのたにくるみは それぞれ鉢を編んで
ひとつひとつ独立して
飾れるようになっています。

でも、鉢を編まずに多肉部分だけ編んで、
寄せ植えしてもよいと思います。

本に載っていない "円空" が入っているけど
たとえばこんな感じ。

 tanikurumi33.jpg

お好みの容器に合わせて土台を編んで
自由に配置して作れます。

 tanikurumi34.jpg

土台に葉っぱを直接縫いつけるより、
いったん小さな土台に縫いつけて
各たにくるみごとにまとめると
位置を調整しやすくて良いと思いますヨ。

   *

多肉植物は「手間いらず」「簡単」と言われがちですが、
枯れる時は枯れますよね。
「多肉を枯らすなんて、俺って奴ぁ…」と
結構へこみます。

「洗面所の鏡のところなんかにあったら素敵だわ」
と置きたいところがあっても、
日の差さないところだと、すぐ徒長します。

「枕元にあったら素敵だわ」と思っても、
寝室に土を持ち込むのはちょっと・・・
という気もします。

あみぐるみならば枯れませんし、
徒長して姿が変わることもありません。
置き場も選びませんので
作って損はないと思いまーす(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
注文していた本は月始め頃に届いたのですが、風邪をこじらせてしまってたにくるみに着手できていません(>_<)
ナーさんの鉢にはペットボトルキャップが仕込まれているので安定しそうとか眺めてあれを編もうかな?これを編もうかな?、と布団の上で考えて楽しんでいます。
また編んで飾ったら報告しますねー!
2016/12/21(Wed) 23:24 | URL  | かなた #o/PXu/q6[ 編集]
かなたさん、こんにちは。

多肉植物のあみぐるみの本、ゲットしてくださったんですね~~!
ありがとうございます(*^o^*)

そうなんです、ボトルキャップがいい仕事してくれています。
今、風邪とかマイコプラズマとか流行っていますよね。
無理なさらず、ゆっくり休んでくださいね(^^)
2016/12/22(Thu) 07:37 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック