たにくるみ・ルリ兜
2016年12月07日 (水) | 編集 |
今日は「多肉植物のあみぐるみと仲間たち」
の中から、他の作家さんの作品を
ひとつ作ろうと思います。

 tanikurumi26.jpg

ビーズを使うので、手ごろなのを買ってきました。
セリアさんの商品です。

 tanikurumi27.jpg

編み始める前に、糸にビーズを通しておきます。
「120個入り」と書かれていましたが、
130個入っていました。多めに入れてるのかな。

作ろうとしているのは、meiriさんの
"ルリ兜" というサボテンです。

撮影の日、うちでみなさんの作品を見せてもらった時
すごい存在感で、
そっと持たせてもらった時の感じも抜群で、
本が出たらぜひ自分でも作ろう!と思っていたのです。

 tanikurumi28.jpg

編み図に沿って編んで、できましたー!
こんな感じで合格かな(^^)??

わたしのたにくるみよりも だいぶ大きくて、
存在感があります。

ちなみに糸は、指定どおりの純毛中細が
うちにもありましたので、それを使いました。

ビーズを編み込みながら作るので、
編み地の裏側が表になっていますね。

実物を見た時に
「これは裏が表になるんですね」
と言ったら、娘ばかりか
ライターさんやカメラマンさんも
いたく感心しておられました。

わたしはサボテンの種類には
あんまり詳しくないので、
"ルリ兜" という名前は初耳でした。

何気なくGoogleで画像検索してみたら、
出てきた写真が このあみぐるみそのもので
驚いてしまいました。

ビーズはトゲを表現しているんだろう…と
思っていたのですが、
まさにこのビーズみたいな白くて丸いのが
びっしりついてるサボテンでした。
おもしろい種類のサボテンだわぁ。

画像をみていくと
お花が咲いた株の写真もあったので、
ちょっとアレンジでお花も咲かせてあげました。

 tanikurumi29.jpg

仕上げの作業まで ひとつひとつ
ビーズを入れていくのがわくわくしますし、
作り甲斐があって、実に楽しかったです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます♪♪
編んで下さって、ありがとうございます〜♪♪
こうして自分の作品を編み図を見て、作って頂くのは
初めてなので、お写真拝見できて感激しております・・・!!

私も今回初めてお花屋さんで「兜」という種類のサボテンを見て、こんなサボテンがあるのか!と驚きました。
本当に植物は奥が深いですね〜〜
お花のついたルリ兜、最高に可愛いです(*>∀<*)
最後までお花をつけるか悩んでいたのですが
こうしてアレンジして頂けるなんてすごく嬉しいです♪♪ありがとうございます(*^^*)

ナーさんの作品、それも素敵でどの子から編もうか
悩んでいるのですが、この悩んでいる時間も楽しいです♪♪お正月は箱根駅伝(我が家の毎年恒例なのです笑)を見ながら、ゆっくり編んでみたいと思います^^
編めたらブログでご紹介させて下さいね(*^^*)
2016/12/07(Wed) 14:14 | URL  | meiri #Ez9.11W6[ 編集]
meiriさん!見てくださってありがとうです~

勝手にアレンジしちゃいましたが、
快く見ていただいてありがとうございます。

質問した裏表の編み方のコツも
とても参考になりました(^^)
裏向きで編むのが難しいと思うのは
わたしだけではなかった・・・!
手加減のことも、納得です♪

meiriさんのルリ兜は、これひとつで絵になりますね~
2016/12/07(Wed) 20:49 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック