たにくるみ・虹の玉
2016年11月16日 (水) | 編集 |
これは、
「多肉植物のあみぐるみと仲間たち」
に掲載してもらった、"虹の玉"。

 tanikurumi20.jpg

 虹の玉 - Sedum × rubrotinctum

虹の玉は顕著に紅葉する種類の多肉植物で、
季節によってかなり色合いが変わります。

だからこれは、真っ赤に紅葉した
寒い時期の虹の玉ですね。

同じ作り方で色替えをすると、
夏場の虹の玉のできあがり!

 tanikurumi21.jpg

試作の段階では赤と緑と両方作って、
編集部の方で選んでもらいました。

本には赤い方が載っています。
緑系の作品が多いので、
差し色的に赤が選ばれたのかな、と思います。

同じ編み図で作れますから、
お好みの色で作ってもらえたらと思います。

   *

ここでお詫びなのですが、
「多肉植物のあみぐるみと仲間たち」の
虹の玉のページ(P.41)に誤りがあります。

"葉の配置のコツ" の1段目の図、
「葉(A)を7枚縫いつけます」とあるのですが、
図には6枚しか葉が描かれていません(!)。

 tanikurumi22.jpg

正しくは、このような図になります。

原稿チェックの時に6枚しかないことに気がついて、
修正依頼を出したのですが・・・

修正後の確認をさせてもらう機会がなかったので、
直ったかどうか分からないまま出版になってしまいました。
言い訳してはいけませんね、
本を買ってくださった方、申し訳ありませんでした。

編み図をはじめ、配置図やポイント的な解説図は
各作家さんが描いたものを清書してくれる
"製図屋さん" という方がいらっしゃるそうです。
(正確な呼び方じゃないかもしれませんが)

製図屋さんは手芸にとどまらず
いろんなジャンルの本の図を描かれるんでしょうね。
かならずしも内容を理解して描くわけでは
ないんだろうなぁと思いました。

校正はかなり大変な作業でしたが、
どこまで要望を出していいのか、分からなくて悩みました。

図についてはともかく、
用語や言い回しに統一がとれていないと気持ちが悪いので
ひとつひとつ挙げていったら
チェック項目がすごい量になって、
我ながら、小姑?みたいで嫌がられるかなって
心配になってしまったり。

作家さんごとに、同じ項目についての要望が違う、
ということもあったかもしれません。
全体の調整をするライターさんは
大変だったろうなと思うのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/12/06(Tue) 16:59 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック