「多肉植物のあみぐるみと仲間たち」きっかけの話
2016年11月09日 (水) | 編集 |
昨日お知らせした多肉植物のあみぐるみの本ですが、
参加するきっかけになったのは、
ライターさんから声をかけていただいたことです。

 taniku01.jpg taniku08.jpg

ブログに載せたこれらの写真を見て、
かわいいなと思ってくださったんだそうです。

これらは2010年の2月と3月の記事になっていて、
正直自分でも、作ったことを忘れていたくらいでした。

わたしがブログを始めたのは2009年の5月で、
7年半くらい経つことになります。

その間、ネット情勢はかなり変化しましたね。
2009年ってLINEもなかった頃です。
作品や情報発信の場は、今や Instagram や Twitter に
移っているような気がします。

わたしはブログという媒体が気に入っているので
それらに移らず これ一本で続けているのですが、
こういうことがあると、
ブログもまだまだ捨てたもんじゃないわね( ̄ー+ ̄ )
と思いますね。

しかし、ライターさんは褒めてくれたのですが、
今自分で見ると、昔作った多肉ちゃんは
ちょっと造形のツメが甘い気がします。

6年経っているわけですし、
そう思えることは嬉しいことでもあります。
昔の作品が100点に見えたら、
そこから成長していないってことですから。

当時の自分と戦うような気分で
デザインを考えることにしました。

当時作った2種類は、「乙女心」と「虹の玉」でした。
今見ると、
「乙女心のつもり・・・」
「虹の玉のつもり・・・」
程度のモンですが。

今回の本には、同じく「乙女心」と「虹の玉」も
収録してもらっています。
6年前から成長することができたかどうか、
ぜひ本でご覧いただけたらと思います。

わたしは今も昔も多肉植物が好きですから、
当時もアイデアさえ湧けば
他の種類も作りたかったはずです。
思いつかなかったから
2種類で止まっているわけですよね。

だからお話をいただいた時、
他にも形にできるものがあるだろうか…、と
だいぶ不安でした。
(ライターさんは、いくつでも大丈夫です、と
無茶は仰らなかったですが)

でも、いろいろな多肉植物の画像を見ていくうちに
意外と「作れそうかな」と思うものがあって、
最終的には 5種類の多肉あみぐるみを
載せていただくことになりました。

それぞれに「ああでもないこうでもない」
と試作を繰り返し、
娘にしょっちゅう「これどうかな」と相談し、
ヒトガタでもこんなにこだわらないぞ、と
思うほど編み直してできあがった
多肉植物のあみぐるみたち、
見てもらえたら嬉しいです。

よろしくお願いします!

tanikurumi10.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック