ばっさりレッドロビン2016
2016年10月29日 (土) | 編集 |
今日は土曜日ですが、今週作ったレゴが
いくつか注文したパーツの到着待ちで
まだできていないので、
載せられなくてスミマセン。
来週には見てもらえるかな?
今日は、うちの庭の木 見てってください~

   *

わたしは剪定が好きで、
うちに生えている木を 樹種に応じた季節に
伐るのを楽しみにしています。

そのうちのひとつ、レッドロビンは
いつも春に伐るのですが、
今年は新学期の前後がいろいろ用事があって
時間が取れず、ほとんど作業できませんでした。

伸び過ぎて道路に はみ出しそうなところを
5月頃に軽く整えたくらいだったかな?

なので、今年は秋剪定をしようと考えていました。
9月・10月も目が回るようでしたが
発表会と学芸会が無事終わって
少し余裕ができたので、手がつけられました。

 garden2016-102.jpg

剪定に使う愛用品は、この3つ。

高枝伐りばさみ(通称ギルガメッシュの薙刀)、
刈り込みばさみ、トング。

トングは伐った枝をゴミ袋に入れるのに使います。
途中の枝に引っかかったのを取るのにも活躍。

刈り込みばさみは、手の届くところの枝を伐るのと
ゴミ袋に詰めるために枝を細かくするのと
両方に使えます。

 garden2016-103.jpg

これらを使って毎日2時間くらいずつ5日ほど作業して、
だいぶ枝を落としました。

 garden2016-104.jpg

でも上の方、高枝伐りばさみでも届かないところが
どうしても残ってしまいます。
これまでの年は諦めていたんですが、
今年は新たに加わった仲間がいます。

 garden2016-105.jpg

持つところのある脚立…!

おじいちゃんの家にあったものを、
片付ける際に貰い受けました。
手すりがついているので
どんくさいわたしも
落ちずに使えるんじゃないかと思います。

2段くらい上がるだけでも
かなり届く範囲が増えて、
伐れなかったところが整うので、
とても嬉しかったです。

まぁ本当は、
脚立を使わないといけないほど高くまで伸ばさず
適度なところでとめるべきなんでしょうね。

若木の頃から成長を見ていて
「どこまで大きくなるんだろう」
と観察するのも楽しかったけれど、
これからは徐々に高さも抑えていこうかなと思っています。

 garden2016-106.jpg

一番大きい木(ラスボス)、
剪定前はこんな感じでしたが、

 garden2016-107.jpg

だいぶサッパリしました。

小一時間くらいで伐れそうに見えるけれど、
6日かかっています(^^;)

今回は、春に出た新芽を切らずにすむくらい、
春に伸びても大丈夫なように
強めに伐ったつもりですが、どうなるでしょうか。

それにしても、作業中毎日のように
デカい蜂がやってくるので参りました。
ぜったいアレ、同じひとだと思うんだけど。

レッドロビンには確かに花が咲くけれど、
それは春です。
今の季節は新芽は出るけれど花は咲かない。
それなのに毎日何度も何度もやってきて
うろうろしていくので、
バカなんじゃないかと呆れちゃいました。
あんな使えない社員を抱える巣は、大変だわ。

あと、ラスボスの足元に何か生えていましたが、

 garden2016-108.jpg

え? レッドロビン??

レッドロビンは花は咲いても実にならないので、
「こぼれ種」的なことは起こらないと思います。
地下で、伸びた根っこから分かれているんでしょうか?

この場所で育てるわけにはいかないので
苗木として掘り起こせたらいいんですが、
つながっているのかな?
どうしようかな。

ともあれ、
1週間かけて大きなゴミ袋10袋分の枝を伐りました。

最初腕がすごい筋肉痛になったけれど、
終わるころには治りました(^^)

 garden2016-109.jpg

さすがにこれだけ伐ると、満足です。
右手に "剪定だこ" ができそうだし、
このくらいで切り上げることにします。
剪定は、次の2月のオリーブまでお休み!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:樹木・花木 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック