「西の魔女が死んだ」
2016年10月24日 (月) | 編集 |
昨年だったと思うのですが、
この本を買いました。

 nisinoMajo01.jpg

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」。

お稽古の待ち時間にリサイクルショップを
ぶらぶらしていて、"ジャケ買い" ならぬ
"タイトル買い" したのです。

帯に「映画化された」と書いてあったので、
おもしろいんだろうな、と思いましたし。

オズの魔法使いを思わせるタイトルですが、
ファンタジーではなく
現代の日本が舞台の作品です。

とある事情で母方の祖母(これが西の魔女)
と暮らすことになった中学1年の女の子が主人公。

ワイルドストロベリーを摘んでジャムを作ったり、
ハーブティを作って庭に撒いたり、
西の魔女のていねいな暮らしぶりが描かれていて、
読んでいて心地の良い物語でした。

同時期に発売されて読んだ「よつばと!」の
最新13巻も、ちょうどよつばのばーちゃんが
やってきて、実に自然に「きちんとした生活」を
していました。

ふたりのおばーちゃんを見て、
こうやってちゃんと生きていかないといかんなー
と省みたものです。

ところで、先日娘が学校で
パンフレットをもらったそうです。

 nisinoMajo02.jpg

「子どもが読書好きになるヒントBOOK」
というもの。

ぱらぱらっと見てみたけれど
浅井リョウさんのインタビュー記事があったり
なかなかしっかり作られた冊子です。

 nisinoMajo03.jpg

あ~これ!

"読書記録" はわたしもつけたことあるけれど、
なかなか続かないんですよね。
書いておくと思い出せるし、
年間何冊読んだかな、なんてのも把握できて
楽しいとは思うんですけれどね、難しい。

そして最後の方に各年代別にオススメの本が
載っていたのですが、

 nisinoMajo04.jpg

あれ、これ・・・

「西の魔女が死んだ」が、ちょうど
5・6年生向けの本として載っていました。

え、そうなんだ。
読んだ時に そうは思わなかったけれど、
こども向けに書かれたものだったのかな?

「これ、お母さん持ってなかったっけ?」
と言うので出してきて娘に渡したら、
すんなり入り込めたようで、読んでいました。
このパンフレットの指標、スゴイわね・・・

ところでオススメ本のリストはなんと、

 nisinoMajo05.jpg

「無料でプレゼントいたします」ですって!

ど、どういうこと?

よく見たらこの冊子はベネッセが出したものでした。
だからアヤしくはないんでしょうけれど・・・

「むりょうでプレゼント・・・」

と思わずつぶやいたら、娘が

「超アヤしいよねーー(≧▽≦)/」

と言っていました。

淋しいけれど、この時代、
その感覚が正しいよね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:読んだ本の感想等 ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
「西の魔女が死んだ」大好きです♪初めて見たのはHuluで映画を見ましたが、もう魔女も生活も映像素敵ですよ☆彡(*´˘`*)♥その後に原作読んで違いを探しました♪ぜひ、映画見て欲しいです♪

そして、よつば♪♪
忍たまといい、趣味がほとんど一緒なのが嬉しいです(笑)(*´罒`*)
2017/01/10(Tue) 07:37 | URL  | さちえ♪ #-[ 編集]
さちえさん、こんにちは。

何気ない記事にもコメントありがとう♪
「西の魔女が死んだ」、映画も原作も
ご覧になったんですね。

そうか~映像素敵なんですね、
わたしも見てみたいと思います♪
2017/01/11(Wed) 08:12 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック