ビーズモザイク・スーパーモンク
2016年10月07日 (金) | 編集 |
FF1は、ゲームを始める時に
4人のプレイヤキャラクタのジョブを決めます。

選べるジョブは6種類。
戦士、シーフ、モンク、赤魔術士、白魔術士、黒魔術士。

シーフ好きのわたしは、思わず
戦士、シーフ、白、黒、
なんてパーティを組んでしまいたくなります。

でもFF1は魔法の唱えられる回数が少ないし、
シーフは特に素早いわけでもなくよわよわなので、
これでは かなり過酷な冒険になりそうですね・・・

FF3なんかと違うのは、
「ジョブチェンジができない」という点。
最初に決めたジョブで最後まで戦うことになります。

ただし、冒険の途中で
バハムートの試練を達成することによって
"クラスチェンジ" をすることができます。

それぞれのジョブに「上位職」のようなものがあって、
モンクがクラスチェンジしたものが、スーパーモンク。

 beadsFFRK280.jpg

今回作ったビーズシートは、
そのスーパーモンクです。

ファミコンで遊んだ当時、こども心にも
もっとカッコイイネーミングはなかったんかい
という気がしましたが、今になってみると
「ダサ懐かしい」とでもいうべき
愛らしさを感じます(^^)

RPGでは基本的に、冒険が進むにつれて
強い武器・防具を手に入れて
装備することで主人公たちが強くなっていきます。

黎明期に生まれたFF1でもそれは同じなのですが、
高レベルまで育ったモンクに限っては、なんと、
素手の方が強い!
という特性があるのです。

 beadsFFRK281.jpg

(FFRKでのスーパーモンクの必殺技名が
 「さいきょうのすで」であることに
 ニヤリとさせられます)

ファミコン版のFF1は、
「持てるアイテムの数が極端に少ない」
という特色もありました。

ひとり8つくらいだったかなぁ?
だから、腕に装備する武器を持たないと、
その分持てるアイテムの量が増えるんですよね!

制約が多いと、その中で工夫する喜びみたいな
ものがあって、かえって楽しかったりしますね。

というわけでFF1のパーティは、
戦士、モンク、モンク、赤
くらいがラクかな?
もちろん、あえて弱めのパーティで挑戦!
という楽しみ方もありますけれどね。

それはそうと、FFRKでの登場イベントの際
FF1でのグラフィックが出てました。

 beadsFFRK282.jpg

うおっ。

こんなだったっけ。
30年近く経って、垢抜けたねぇ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
懐かしいですね~^^
応援しておきました。ポチッ
2016/10/08(Sat) 00:02 | URL  | 矢田@医療職兼業トレーダー #-[ 編集]
矢田さん、こんにちは。

懐かしんでもらえて嬉しいです(^^)
応援ありがとうございましたー♪
2016/10/08(Sat) 06:43 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック