ちいさなてまりの会(2)
2016年05月24日 (火) | 編集 |
「重なる絹糸のみやび ころんとかわいい
ちいさなてまりの会」の2回目が届きました。

 temari02-01.jpg

早速作っていこうと思います(^^)

 temari02-02.jpg

本体に巻く糸は、ほんのりつやのある青緑色。
素敵な色のてまりになりそうです。

 temari02-03.jpg

きれいに丸くできるかしら・・・と心配しつつ
糸を使い切る頃には なんとか丸くできました。

 temari02-04.jpg

今回は、初回のてまりとは分割の数が違います。
通りすがりに見たおとうさんが
「まち針うちすぎやろ・・・」
とツッコんでいました。
これだけ打つ必要があるのですが、
そう言いたくなる気持ちは分かります。

 temari02-05.jpg

準備ができたので かがっていきます。
きれいに刺すのはやっぱり難しいけれど、
楽しかったです。

いちおうできあがり。

 temari02-06.jpg

球が正しく等分できてなくて、
模様がふぞろいになっちゃいました。

ひとつひとつの模様も、
もっとふっくら刺さないといけませんね。
うーん、40点くらい!?

模様の最終段は金糸で刺してあるのですが、
これを刺すと一気に引き締まって見えてオドロキでした。

 temari02-07.jpg

球のてっぺん(と下側)には、その金糸を
ふんだんに使って松葉かがりがされています。

これが、写真ではうまく写せなかったですが、
きらきらと光を反射してとてもきれいなんです。
上手に刺せていたら、もっときれいだったかも。

これは「(2)木漏れ日」というデザインなのですが、
なるほど サーっと日が差すイメージが
伝わるなぁと思ったのでした。

 temari02-08.jpg

初回の「あかつき」といっしょに。
1回目よりうまくなったかどうかはビミョーですが、
遠目から見るとそれなりにきれいで、
にやにやしちゃいます(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
ナーさんは自分に厳しいのですね。
今回も前回もわたしにはすごく美しく出来てるように見えますよ~(*´∇`*)
わたしは編み物は得意なんですがお裁縫が苦手なので絶対こんなに綺麗に作れない自信があります(^o^;)

次も作られるんでしょうか?
楽しみにしてますね♪
2016/05/24(Tue) 16:42 | URL  | かなた #o/PXu/q6[ 編集]
かなたさん、こんにちは。

やさしいメッセージありがとうございます~~
レシピに載っているお手本写真が
それはそれは正確で美しいので、
見比べると自分のはちょっとなーーと見えちゃいます(^^;)

3回目も注文しましたので、作りますよ~
楽しみにしてもらえて嬉しいです!
2016/05/25(Wed) 08:02 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック