ビーズモザイク・光の戦士
2016年05月27日 (金) | 編集 |
前回 FF1のセーラ姫を作りました。

となるとやはり、
お姫様を守る騎士がいてほしいです。

というわけで今回は、
FF1の主人公、光の戦士です。

 beadsFFRK232.jpg

何度も書いてますけれど、FF1は
4人のパーティを操作して物語を進めますが、
それぞれのキャラクタに個性や名前はありません。

「光の戦士」は彼らの総称としての呼び方ですが、
FFRKではひとりのキャラクタとして登場しています。

 beadsFFRK231.jpg

この絵柄の戦士ですよね。
Warrior of Light(WOL)と呼ばれることもあります。
結構多くの色のビーズが使われていましたが、
イメージイラストがよく再現されていますね。

   *

FF1のストーリーは、
なんとなく集まってブラブラしていた4人が
「ムムッ もしやそなたたち・・・・?!」と
兵士に声をかけられるところから始まります。

あれよあれよという間に王様・大臣に

「クリスタル持ってるんだって?」
「さらわれた王女を助け出してくれない?」
「北へ行きたいんでしょ? 助けてくれたら
北の大陸へわたる橋をかけてやるからさ」

と話を進められ、
言われるまま王女様を助けに行き、
そこにいたワルイヤツを倒して城へ帰ってきます。

王様は約束通り橋をかけてくれたので
他に行くところもないし・・・と
その橋に足を踏み入れた瞬間、

オープニング曲がかかる!

という構成になっています。

初めてプレイしたのは随分こどもの頃ですが、
斬新な演出に
「おお!」と思った覚えがあります。

ファイナルファンタジーの「オープニング曲」は
アルペジオが重なる「プレリュード」と合わせて
ゲームしない人も(CMなどで)聴かれたことが
ありそうな、シリーズを代表する美しい曲ですよね。

ピアノで弾いていたら、娘も
「いい曲だね」と言っていたことがあります。

たしかFF4までは、物語の序盤で
「さぁ!今から冒険が始まりますよ!」
という感じにかかっていたのですが、
FF5からはエンディングロールで流れるように
なっちゃいました。
クリアするまで聴けないってことです!

んもー、もったいぶっちゃって~と思いますが、
開発側にしてみれば、きっと
同じことばかりやりたくない、
ということだったんでしょうね。

今やっている Final Fantasy Record Keeper は
「思い出のFFをもういちど」という
オールドファン向けのコンセプトなので、
アプリを入れた最初に
オープニング曲がオープニング曲らしく
カッコよく流れました。

まぁ、ソーシャルゲームにエンディングないですから
後に回したら一生出番なくなっちゃうからかもしれませんが、
聴きたいところに聴きたい曲がかかると嬉しいですよね。
ツボを押さえてるな~と思いましたよ(^^)/

beadsFFRK233.jpg
   「おまもりします!」
   「ありがとうー、リュートあげますね」

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック