ワイン箱みたいなウッドボックスの会・コンプリート(2)
2016年03月22日 (火) | 編集 |
長らくとっていました
「集まるほどにすっきりした空間になる
ワイン箱みたいなナチュラルウッドボックスの会」。

12回予約コレクションですが、
このたび全てのおとどけが完了しました♪

とりはじめた時に書いた記事は、
もう2年も前のことになります。

(「ワイン箱みたいなウッドボックスの会」2014.3.9)

12回予約コレクションの初回がなぜ2年前!?
と思われるかもしれませんが、
つまり2回とったわけです。
今回は2回目のコンプリート(^^)

1回目のコンプリートの時の記事を見ると、
「12回目のおとどけは品ぞろえが間に合わず後送になり、
2週間ほど遅れてとどいた」
と、フェリシモのドジっ子ぶりがバラしてありました。

今回は遅れることなく、その他の注文と合わせて
同じ荷物でとどきましたよ。
ミスった時だけ書くのはフェアでないので、
ちゃんとできた時も書いておきます。

 wineBox09.jpg (再掲)

この木箱は毛糸の収納のために買ったのですが、
1年前、1度目のコンプリートの時の様子がこんな感じでした。

毛糸が入りきらず、梱包ダンボールも動員している状態でした。
だから2回目の注文をしたんですね。

木箱が2倍になって、
現在こんな感じになりました。

 wineBox12.jpg

全部で24個の木箱に、
よく使う毛糸がさすがに全部入りました。
まだ空箱があったりして、少し余裕があるのがうれしいです。

ただ、このラックは100えんショップの組み立て商品ですが、
ある日こんな感じになってました(汗)。

 wineBox13.jpg

プラダンの端が折れてしまい、
パイプの間からスルッと落ちてしまったようです。

 wineBox14.jpg

木箱4個は重すぎだったんでしょうか?
耐荷重量は8kgあるはずなんですけれど・・・

棚板は 昔MDF材だったのに
買い足した時にはプラダンになっていて
強度が下がったような気がしていたのですが、
心配的中、という感じです。

プラダン4枚中、残り3枚はまだ無事なので
パイプの幅との兼ね合いもあったかもしれないですね。
100えん商品だから、あまり贅沢も言えないし。

とりあえずプラダンの向きを変えたら
一応木箱が載せられたので、
少々みっともないですが だましだまし使っています。

いよいよダメとなったら棚板を作るか、
いっそ棚ごと作ったっていいですしね。

2巡目は1巡目とは木箱のイラストが違って、
24種類全部違うデザインです。

 wineBox15.jpg

建物の柄が素敵なのはもちろんのこと、
これなんかも結構好きです。
気に入る絵柄ばかりでした。

ハンドメイドのキットとは違って
毎月とどいた箱をそのまま使うだけですが、
意外と梱包ボックスが役立ちました。

 woodCabinet46.jpg (再掲)

端材で作ったローキャビネットで使う
ちょっとしたトレイも作れましたし、

remakeCardboard35.jpg remakeCardboard40.jpg

去年作ったトリカラーのチェストでも、
ひそかにこの箱が活躍しています。

ぜいたくなお買い物ではありましたが、
そろうと気持ちがいいし、
いろいろ使えてよかったなと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ


スポンサーサイト

  テーマ:コレクション ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック