「ある人物になったつもりで」
2015年12月13日 (日) | 編集 |
先日娘が、「明日の国語の授業、楽しみ~~」
と言いました。

基本、毎日毎日 漢字の宿題に苦しめられているから
国語に関してはニクシミを抱いていると思っていたので、
珍しいなと思いました。

聞いてみると、次の授業では
「自由に作文を書く」
ということを行うようです。

よくある「運動会の感想」とか「夏休みの思い出」
的な作文ではなく、
教科書に載っている1枚のイラストを元に、
シチュエイションや物語を想像して書く、とのこと。

 freeWriting01.jpg

そういう単元があるんですね。
ははあ、これは確かにおもしろそう。

しかも「ですますじゃなくていいんだって~~~」と、
教科書に載っている固い文章ではなく
彼女が愛読している少女向けのライトノベル的な
くだけた文章でもOK、という点がますます嬉しいらしい。

 freeWriting02.jpg

「みんなは(教科書の例に引きずられて)かくれんぼ
で書くって子が多くて、それだとつまんないよねー」と、
一丁前にヒネリを加えたい様子。

結局 授業では嬉々としてペンを走らせ、
追加でどんどん原稿用紙をもらい、
何日かかけて原稿用紙5枚の大作を仕上げていました。

文章の内容とか原稿用紙の書き方なんかは
瑕疵があったでしょうけれど、
それだけ熱心にとりくんでいる姿が見られたのは
親として とても嬉しかったです。

ちなみに、わたしが小学生の頃「絵本作りクラブ」に
入っていて、お話を作るのが好きだったことを
娘も知っているので、
「おかあさんだったら どんなお話にする?」 と訊かれました。

そうね、おかあさんも他の子とかぶらない話にしたいし、
おかあさんだったらこの人を主人公にするね!

 freeWriting03.jpg

「はー。ひるやすみ終わっちゃったなーー」
「ってかもう2時だし・・・」
「ぶちょーにまたオコられるなぁ・・・」
「また今日も、契約ゼロ件。帰りづらいなぁ」
「・・・わ。子ども来た」
「今日なんなん? まだ昼過ぎなのに。学校休みなの?」
「こっち来ないといいなぁ」
「こないだ子どもの集団にDS取られたんだよなぁ(涙)」

と、しがなすぎるサラリーマンの話を語り始めたら、
DSのくだりで娘が「か、かわいそ」と言ってました(笑)。

"絵を見てそれを文章にする" という問題は、
漢字検定協会が主催している
もう一つの検定試験・「文章検定」でも
出題されると聞いたことがあります。

自分が子どもの頃にこういう授業があったか覚えがないですが、
今はこういうスキルを伸ばすような指導がされているんですね。

自由作文は次の週に発表する時間がありました。
娘の作文は えらい時間取っちゃったと思いますが
先生がまるまる全部発表させてくれたそうで、
「みんなにウケたところもあった(^^)」と満足げでした。

先日 個別懇談で先生とお話しした際、
「あの課題の時は、娘さんが一番楽しそうでした」
と仰っていました。

娘にとって、全力で楽しめる機会があって
よかったと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:小学校 ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
へぇ〜
今は、そういう授業もあるんですね〜
地域的に?先生での違いもあるのかしら?

私も娘も そんな授業がいい‼︎って思っちゃいましたよ
(*^◯^*)
2015/12/14(Mon) 06:26 | URL  | おぅ #-[ 編集]
おぅさん、こんにちは。

どの教科書にも、こういう単元があるんでしょうかねぇ。
苦手な子は結構困ってたみたいなんですけれど、
わたしもこういうのは、楽しそうだなと思います(^^)
2015/12/14(Mon) 13:54 | URL  | ナー #-[ 編集]
素敵な授業ですね
こんにちは。娘さん、大作でしたね!

授業の日記を拝見して、ナーさんの、レゴのふきだしを思い出しました。娘さんはきっと小さい頃から日常で感性が育まれているのでしょうね。
2015/12/14(Mon) 20:41 | URL  | もも #-[ 編集]
ももさん、こんにちは。

あっそうか!
たしかに、作ったレゴはミニフィグにキャラ付けして
即興でセリフ言わせて遊んでますね。

そうかそうか、小さな頃から
この授業のための練習してたようなものか(笑)。

すごく納得しちゃうメッセージ、ありがとうでした♪
2015/12/15(Tue) 18:40 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック