おじいちゃんの思い出
2015年11月22日 (日) | 編集 |
山がきれいに色づく頃、
おじいちゃんが天国に行ってしまいました。

4年前におばあちゃんが先に亡くなってから
おじいちゃんは一人で暮らしていました。

世代的に、家のことを何もやらない男の人も
少なくないのではないかと思いますが、
じいちゃんはもともと大の綺麗好きだったので、
部屋が散らかったりすることは一度もありませんでした。
いつ行っても片付いていたなぁ。

ごはんだけは作れなかったので(ばあちゃんが
料理上手でした)、時々娘とふたりでごはんを作って
持って行って食べたりしてました。

大皿に山盛りできちゃって、多すぎるかなと思った日、
意外と気に入ってもらえてほとんどなくなった時は、
「うれたね~~(^^)」と二人で喜んだりしました。

じいちゃんは現役時代 新聞社に勤めていて、
記事を組むのが早くて評判だったんだそうです。

つまりまだ活版印刷の時代なので、
棚に並んだ活字を持ってきて
記者さんが書いた原稿どおりに並べるわけですよね。
その手際が良かったんですね。
カッコいい~

じいちゃんとばあちゃんは二人とも
「新しもの好き」だったそうです。
カラーテレビを買ったのも
近所で一番早かったとか。

前うちがもらったタジン鍋も、「はやってるから」って
買っちゃってるわけですから、
性格ぜんぜん変わってなかったわけですよね。

わたしが初めてファミコンで遊んだのも、
「親に ねだってクリスマスに買ってもらった」
とかではなく、
「じいちゃんちに行ったら、あった」のです。
こどもたち用ではなく、二人が遊ぶために
自分たちで買ってたの。
発売されたばっかの時点で(笑)。

弟と二人でじいちゃんちに遊びに行っては、
マリオブラザーズで盛り上がったりしていました。

 grandFathersMemories01.jpg

これらはみんな、発売当初に
じいちゃんたちが買ったソフトです。

特にじいちゃんは、ゴルフがじょうずでした。
スポーツが全般得意で、リアルにゴルフも上手だったので
ゲームもセンスがあったんだと思います。

 grandFathersMemories02.jpg

これ、すごいんですよね。
Aボタンをポン・ポン・ポン、と押して
クラブを振ったり、
コースに吹く風が打球に影響を与えたり、
グリーンの傾きが設定されていたり、
現在の「みんなのゴルフ」と基本は全く一緒なんです。
テクノロジの差で画面がきれいになっただけで、
アイデアはもう全てここに入っているんです。

今でも長期休みの時なんか、たまにひっぱりだして
家族でやることがあります。
池に落ちまくりで笑える(^^)

大人になっても未だにゲームで遊んでいるわたしですが、
確実にじいちゃん・ばあちゃんの影響ですよ。

こどものころゲームやってなかったら、
その後の学校も会社も全く違うところに行っていたはずだから、
きっと人生全く変わっちゃってましたよね。
じいちゃん・ばあちゃんの影響は大きいなぁ。

わたしはじいちゃんのことが好きだったから
もう会いに行くことができないのは
とても淋しいです。

でも、ばあちゃんがいなくなって以来
元気だけどやっぱり少し淋しそうだったので、
じいちゃんは喜んでいるかもしれませんね。

お通夜の日は朝から雨が降っていたけれど、
夕方高速を走っている時、
西の空には ちょっと見たことないような
美しい夕焼けが広がっていました。

翌日の告別式の日は、真っ青な空に
赤や黄色の街路樹が映えていました。

最後まで、孫に美しいものを見せてくれたのかな。

おじいちゃん、生まれてから今までずっと、
ありがとう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:日々のできごと ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
読んでいて、ナーさんのおじいちゃんのお人柄が伝わってきました。素敵なおじいちゃんですね(^-^)あたたかい気持ちになりました。
ナーさんのブログの記事も読んでいて好きなのですが、文才も新聞社にお勤めされていたおじいちゃんからの贈り物ですね♪
2015/11/22(Sun) 10:34 | URL  | hitoko #-[ 編集]
hitokoさん、こんにちは。

じいちゃんにやさしいメッセージをありがとうございます。
きっと喜んでいると思います(^^)

じいちゃんの綺麗好きなところも
見習わなくっちゃですよね~~~
2015/11/23(Mon) 08:39 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック