お庭の異変
2015年08月12日 (水) | 編集 |
我が家の庭には、要らない土をポイしたり
終わった寄せ植えの中の多年草を一時植えしたり
生えてきた草をそのまま観察してみたりと
自由に使っているスペースがあります。

 garden2015-83.jpg

今こんな感じなのですが、
例年の様子とは大きな違いがあります。

昨年の同じ時期の写真がこちら。

 marigolds2014-08.jpg (再掲)

一目瞭然ですよね。
そうです、ここは夏にはこぼれ種で生えてきた
マリーゴールド畑になるはずなのですが、
今年はなんと、1株も咲いていないのです!!

いつもあんなに咲くのに、なんということでしょう。

たくさんのお花を何かに利用できないかと考えて
草木染めをするきっかけにもなったくらい、
自動的に生えてきていたのに・・・

 garden2015-84.jpg

夏場埋もれてしまう "タマリュウファーム" も
まるみえですよ。

春にたくさん咲いたオンファロデスを片付ける頃、
代わりにマリーゴールドが芽吹いているのが常でした。

今年はその時マリーゴールドの芽が見当たらず、
ちょっと遅れている? これからなのかな?
と思って気にしていたのですが・・・
結局、生えてくることはありませんでした。

昨冬 咲き終わったマリーゴールドを片付けるのが
早すぎたのでしょうか??
(種が熟して落ちないうちに抜いちゃった?)

それとも、今年の春の低温や長雨のため、
発芽に適した環境にならなかったのでしょうか。

それくらいしか理由が思いつきませんが、
とにかくいつもにぎやかに楽しませてくれるお花がない夏が
淋しいです。

実は、こことは離れた場所、お庭の片隅に
ひと株だけ、小さなマリーゴールドが生えています。

 garden2015-85.jpg

プランタの土を捨てた場所じゃないから
荒地なので、あんまり大きくなっていませんが、
この子だけが我が家のマリーゴールドの生き残り。
毎朝忘れずに水をやっています。

マリーゴールドのお花は、株によって
花びらの枚数がまちまちです。

 garden2015-86.jpg

大きな株ほど花びらが多く八重状に咲き、
小さな株はこんな感じに5枚ほどの花びらで咲く傾向があるようです。

ボリュームがある方が染色には向いていると思うので、
いつもはこういう一重のお花はあまり注目しませんが、
今年ばかりは貴重に見えます。

 garden2015-87.jpg

この株が終わってカリカリになったら、
いつもの場所に種をばらまいてやろうと思っています。
そうして来年につながったらいいなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:ガーデニング ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック