こぎん刺しくるみボタンの会(10)
2015年08月10日 (月) | 編集 |
リーフレットでこぎん刺しのキットを見たら
刺したくなってきたので、
「津軽で生まれた伝統模様 こぎん刺し
くるみボタンストラップの会」を出してきました。

 koginButton10-01.jpg

全12回のキット、既に全種類購入済みなのですが
終わっちゃうのが淋しくて、いくつか残してあるのです。

 koginButton10-02.jpg

今回のこぎん布は真っ黒で、糸は真っ白です。
くっきりしたクールな仕上がりになりそうで
ウキウキしながら刺し始めましたが、
黒い布は布目が見えにくくて難しかったです。

あみぐるみも黒い糸は編み目が見えにくくて
はじめのうちは難しいですが、これも同じなんですね。

しかも1目だけ出るところが多くて、
きれいに刺すのも難しいデザインでした。
出るのが1目だけだと、布目の中に埋まって
模様が見えなくなっちゃうことが多いんです。

今まで刺したデザインの中でも
一番苦労したかもしれません。
でもなんとか完成。

 koginButton10-03.jpg

できあがると、針目がイマイチなところがあるけれど
美しい模様だなぁと思います。

「ソロバン刺し」というデザインで、
商売繁盛の願いが込められているんですって。

 koginButton10-04.jpg

いつもはキリトリ線をくるっとペンで描いて刺しますが、
黒い布にはそれも描けず、切り取り線なしで刺しました。
なんとかいつものように3つ刺せてよかったです。
黒に合わせるので、ピンクと水色という明るい色で
刺してみましたヨ。

 koginButton10-05.jpg

くるみボタンにすると、裏側の問題も起こらないし
コンパクトにかわいい作品になるので良いですね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ


スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック