ビーズクロッシェの復習(2)
2015年07月26日 (日) | 編集 |
この前覚えたビーズ編みが面白くて
もう少しやってみたいのですが、
キットの余り糸は使い切ってしまいました。

なので、家にある一番細めと思われるレース糸を探してきました。
それでも、キットについていた糸よりだいぶ太いです。
キットの糸は、ビーズクロッシェ専用のものみたい。

 beadsAccessories19.jpg

この糸には丸小ビーズは通らないと思ったので、
ビーズも手持ちの少し大きめのものを通しました。
他になかったので、随分昔に100えんショップで買ったものの残りです。

今回はキットで作った "筒状" ではなく
モチーフ編みにビーズを加えてみようと思います。
糸が太い分、そういう編み方ができるはず。

 beadsAccessories20.jpg

でも、編んでみて気づきました。
普通に編むと、ビーズは編み地の裏側へ行ってしまうのですね。

表へ出したいなら、一目ずつビーズを編み目に入れて
手前へ引き出しながら編まないといけません。
とってもやりづらい。

キットで作ったアクセサリパーツは
編み地の裏側が表に来ていたんですね。
ぎっしりビーズで敷き詰められた状態になっているから
ピンときてませんでした。

四苦八苦してビーズを通しながら編んだ編み地は
ミスってほどく時もまたひとつひとつ逆に通し直さないと
いけなくて、くたびれちゃいました。

とりあえずの編み上がり。

 beadsAccessories21.jpg

できあがったものの品のなさに驚愕を隠せません(笑)。

これ、お花モチーフのポットマリーゴールドです。
あんな素敵なデザインが、
こんな残念な出来栄えになってしまうとは。

flowerMotif135-09.jpg
   (これです)

ビーズも糸も いい加減な ありあわせではダメですね。
フェリシモのキットの素材は本当に色や風合いが良いですが、
そこが一番大事なところなんですねぇ。

ビーズはモチーフに使うより、
あのアクセサリパーツを編む方が楽しいことが分かりました。

これは捨てます(笑)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:ビーズアクセサリー ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック