レトロポップなミニチュアの会・(3)チェリー柄のタイルが自慢
2015年06月29日 (月) | 編集 |
先日ふと、すごく久しぶりにネットオークションを見たら
このキットが出ていました。

 miniture03-01.jpg

今とっている

「世界中の街から届いたミニチュアデザートギフトの会」

の前の

「和食でつづる 古きよき日本の歳時記」

のさらに前の

「キューブに入ったレトロポップなミニチュアの会」

というキットです。

それのデザインナンバー3ですから、最初期のものですね。

わたしが持っている「クチュリエ2005-'06年 秋冬号」に
DN51~56が載っているので、逆算すると
シリーズが始まったのは2001年代でしょうか。
14年くらい前のものですね。

 miniture03-02.jpg

その頃からずっと、このキューブにミニチュアを配置する
という規格がおんなじです。

わたし自身も、このキットを現行ではとっていなくて
廃版になった以降に知りました。

ここ最近はネットオークションでも見かけなくて、
もうこの世には存在していないのかな・・・と
思っていたので、嬉しいです。

 miniture03-03.jpg

この頃の壁紙はどんなかな? と思ったら、
なんとタイルを自分で敷き詰めて壁を作る! という
斬新な仕様でした。

なんとなく、昔のは今ほど多彩ではないのではと
あなどるような気持ちがあったのですが、
これは謝らないといけませんね。
最初からこんな面白いアイデアが提案されていたんだ。

 miniture03-04.jpg

そうそう、今のキットと違うのは、これですね。
「レトロポップなミニチュアの会」では
転写シートが使われるんでした。

 miniture03-05.jpg

さくらんぼ柄のシートで、
見事にタイルが表現されました。素敵!

ここ以外でもたくさん活躍して、
一気にミニチュアのリアルさを増していました。
久しぶりに転写シートを使って、その威力に感心しております。

最近 転写シートが使われないのは
コストの関係なのかな?
紙よりも薄いからキレイに貼れて
仕上がりが良いと思うんですけれどねぇ。

 miniture03-06.jpg

これ、金属のパーツがすごくぴったりハマって
気持ちよかったです~

 miniture03-07.jpg

ミニチュア全部、できあがりー。
あちこちに転写シートが効いてますね!

キューブに配置して、完成です。

 miniture03-08.jpg

んっ。今と比べるとあっさりして見えますね。
今のキットは本当に、ぎっしり華やかですからね。
(タイトルをキューブの角にナナメに貼りたくなりますね)

でも何種類もミニチュアが作れたので
楽しい満足感は十分ありました。

 miniture03-09.jpg

ティーバッグがリアルですよ!

苦手なワイヤを使うところが
わりとうまくゴマカせた(笑)ので嬉しいです。

 miniture03-10.jpg

出品者さんは おうちの断舎離をなさったのか、
いくつかまとめてゆずってもらったので
楽しみに少しずつ作っていこうと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:模型・プラモデル ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
確かに今までのと比べるとシンプル感がありますね。
でもとってもかわいいです。
良い掘り出し物があって良かったですね。
2015/06/29(Mon) 17:39 | URL  | nanan #-[ 編集]
nananさん、こんにちは。

ハイ! ほんと、いいのゲットできましたー(^o^)
シンプルな分、気軽に楽しめそうです。
また作ったら、載せますね~
2015/06/30(Tue) 09:37 | URL  | ナー #-[ 編集]
いくらで買われたんですか?
2017/08/12(Sat) 17:02 | URL  | とくめい #-[ 編集]
とくめいさん、こんにちは。

だいぶ前のことだったので全然記憶がなかったですが、
メールを見返してみたら、¥1,000だったみたいです(^^)
2017/08/12(Sat) 19:31 | URL  | ナー #-[ 編集]
うわー!わざわざ調べてくれてありがとうございましたー!!!(*^_^*)
2017/08/13(Sun) 03:54 | URL  | とくめい #-[ 編集]
ハイ!
こちらこそ、随分前に書いた記事を見ていただいて
ありがとうございました♪
2017/08/13(Sun) 06:12 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック