大逆転裁判ウォークラリー
2015年03月22日 (日) | 編集 |
先日 娘の小学校で卒業式がありました。

娘の学年は今年はまだ式には出ないので、
朝ちょっと行くだけで
9時過ぎには帰ってくるというスケジュール。

そこで近くのイオンへお昼ごはんがてら出かけて
ショッピングをしてきたのですが、
帰りがけに「んんっ!?」となる看板に目がとまりました。

 daigyakusai01.jpg

なになに?
逆転裁判??

見てみると、「大逆転裁判」のウォークラリーとのこと。
ソフトはまだ発売されていない・・・というか
発売日も決まっていないみたいなのですが、
その段階でイベントやるなんて、珍しいですね。
(たまたまその日が、イベントの初日だったようです)

わたしが食いついているのを見て、娘が
「やってってもいいよ~」と言うので
参加してみることにしました。

ゲームのルールは、
まずアミューズメントエリアに設けられた
「探偵事務所」でシートをもらって、
館内のあちこちでキーワードを集めて
スケルトンパズルを解いて事務所に報告する、
というものでした。

わたしが最初に見かけた看板は、
そのチェックポイントのひとつだったようです。
イオンが広いので かなり歩き回ることになりましたが、
ヒントもあるのでそんなに苦労することなく
ミッションコンプリートすることができました。

参加費は必要ないのですが、
クリアするとグッズがもらえます。
風船とクリアファイルの2種類から選べたので、
娘はファイルの方を選んでいました。

 daigyakusai02.jpg

ゲームを知らないながらも、
オリエンテーリングのようなイベントが
楽しそうでよかったです。

娘が集めたキーワードを見ていると、
大逆転裁判のモチーフが何となく想像つきます。
面白そうなんですが、3DS用のソフトなんですよねー。
(持ってない・・・)
(この際、逆裁5といっしょに3DSを買ってしまおうか・・・)
(ここでイベントに出会ったのも何かの縁だし・・・)

「ベンゴシ」という職業さえ知らない娘に
逆転裁判のコンセプトを説明するのは難しかったですが、
もうちょっと大きくなったら、
1から遊んだらいいと思います。

逆裁シリーズは大体CEROがB(対象年齢12歳以上)です。
殺人事件が起こったりするせいもあると思いますが、
そこそこの漢字が読めないと遊べない、ということも
あるのでしょうね。

あと3年、がんばって漢字の勉強しておくんなさい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:ゲーム ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック