変わりゆくバターサンド
2015年02月01日 (日) | 編集 |
先日娘と買い物にでかけたら、
お店で「北海道展」をやっていました。

ポスターを見た娘が「ひさしぶりに行こう行こう」
と誘うのに負けて、催事場のフロアまで上がり、
バターサンドを買ってしまいました。

 changeBatterSand01.jpg

六花亭のマルセイバターサンド、大好きなんですよねぇ。
10個入りでなく5個入りを買った自分をホメてやりたい。

帰宅しておやつにいただいたのですが、
驚いたことがありました。

 changeBatterSand02.jpg

箱が変わっていたのです。

以前は、
お菓子を入れる紙箱と、それを通せる外箱がセットになった
マッチ箱のような構造の入れ物でした。
それが、パカっと開くタイプになっていました。

この方が全体的な紙の量が少なく済むので
コスト削減の一環なのでしょうか。
デザインは変わってなくて違和感はないので、
さりげない企業努力なのかな。

 changeBatterSand03.jpg

少し前に包み紙も変わりましたよね。
以前は折りたたんで包まれていましたが、
今は密封されています。
(でもとてもすんなり、力も要らずに開けられます)

歴史のあるお菓子でも、
少しでも改良するところがないか
日々考えられているんですね、きっと。

しかし箱がこうなると、アレはもう作れなくなりますね。

この、バターサンドの空き箱で作ったストレージ。
(「よみがえるバターサンド」 2012.6.8)

 remakeBatterSand05.jpg (再掲)

その後、なんと雑誌に載せていただく
雑誌掲載「素敵なカントリーNo.78」 2013.2.13)という
一生に一度クラスのミラクルが起きたリメイク品ですが、
パカっと開くタイプの箱では、引き出しにできませんね。

 remakeBatterSand06.jpg (再掲)

この頃入れていたレゴの中間色パーツは
量が増えてここには入りきらなくなったので
別のところに移しましたが、
このストレージ自体はまだ現役で、棚に置いて使っています。

 changeBatterSand04.jpg

もうストレージが作れないとなると
ほんのちょっと、淋しいです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:スイーツ ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
そうなっていたのですか~。わたしも知らなかったです。
キラキラの紙にくるまれてるイメージだったのだけれど。
そして箱!ナーさんのリメイクの箱が~!と、私もちょっと残念になりました。。でも、あれから数年経つんですねぇ。しみじみ。
2015/02/01(Sun) 23:52 | URL  | hitoko #-[ 編集]
hitokoさん、こんにちは。

やさしいメッセージをありがとう~~

数年の間に企業努力がされていたんだなぁと思うと納得ですし、
わたしもその間に木箱でストレージが作れるように
なっておいてよかったなって思います(^^)

ひさしぶりのバターサンド、本当においしかった♪
2015/02/02(Mon) 13:58 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック