四つ目編み模様のこぎん刺し
2014年12月03日 (水) | 編集 |
先日、編み物の本を参考に
"四つ目編み" の角座を作りました。

 yotumeami06.jpg (コレ)

その時「こぎん刺しになりそう・・・」と思ったので、
今日はそれを試してみています。

図案を描くのに手こずりました。
こぎん刺しで表そうとすると、四角が45°傾くことになるので、
ややこしくなっちゃいます。

 yotumeami12.jpg

そこで別の紙で四角い枠を作ってみたら、
格段に分かりやすくなって図案が描き上がりました。

 yotumeami13.jpg

ためしに1模様だけで刺してみると、こんな感じ。
3目と5目でシンプルに刺せました。

これも風車みたいでかわいらしいけれど、
敷き詰めた感じも試してみたいですね。

しかしこれがまた、図案を描いてみようとすると難しい。

 yotumeami14.jpg
   (迷走中・・・)

どうやったらリピートできるんだろう、と
あれこれ試行錯誤する中で、

 yotumeami15.jpg

枠を少し小さくしてみたり、
あらかじめ4つ合わせた型紙を作ってみたりしたら、
何とか刺すことができました・・・

 yotumeami16.jpg

・・・んですけど、

なんか、イマイチ、四つ目編みの風車模様が
浮かんでこない感じ・・・

四角の大きさは、最初に刺したものの方が
バランス良さそうです。

というわけで、ふたたび刺し直し。
最初の四角で4つ合わせた型紙を作って、刺してみました。

 yotumeami18.jpg

今度は どうだー

ところどころ正方形のスペースが空いてしまうので
これでいいのかな?という気がするのですが、
図案としてはきれいで、悪くないように思います。

 yotumeami17.jpg

くるみボタンにしてみたら、
見える部分が小さいせいか、"四つ目編み感" が
なくなっちゃってイマイチですが・・・

平らでもっと広い面積を埋めたら、
たぶんきれいに見えると思います。

うーん、オリジナル図案は 難しいですね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック