つまみ細工「きほんのき」(2)
2014年11月28日 (金) | 編集 |
つまみ細工の「きほんのき」キット、
面白くてどんどん作っております。

2つ目のお花は、1つ目のお花と同じ作り方でも
わずかな貼り方の差で花びらの数を増やすことができる
ということを学びました。

さらに、な・なんと~

 tumami-Ki09.jpg

2枚重ね花びらの貼り方まで覚えられるのです!

これはデザイン的にも色合わせ的にも、
幅が広がって楽しいですね! とてもきれいです。

 tumami-Ki10.jpg

できあがったものを見るとアラが目立ちますけれど、
すごく楽しんで作ることができました。
ペップのつけ方も、いろいろあるんですね。

作っていると「これでいいのかな?」と何度か
疑問が出てくるのですが、
レシピが丁寧なので、読めば解決できました。

たとえば、丸つまみより
花びらの "高さ" というか "厚み" があるので
角度が合っているのか不安になったのですが、
ちゃんと、横から見た図が載っていて
見比べて安心することができました。

 tumami-Ki11.jpg

作ったつまみ細工は
いろいろと加工して仕上げるようになっていて、
今回はウッドピンチがついていました。

貼りつけて、完成です。
(端切れで作ったオマケは、そのまま)

 tumami-Ki12.jpg

つまみ細工は、無地のちりめんでも
華やかに見えますね(^^)

「きほんのき」シリーズは技法の習得が目的なので
デザインは二の次・・・という印象がありますが、
これはかわいいですね~
色合わせも素敵。作っていて気持ちが良かったです。

いろいろと勉強になりました。
やってみて分かったのは、
"半渇き状態" が重要!
ということでした。

わたしはせっかちだけど、
丁寧に、ちゃんとちょうど良い状態まで待たないと
いけないな~と思いました。

2回目は "丸つまみ" がテーマのようで、
「知ってるからとらなくていいかなー」
と思っていたのですが、
覚え直すためにとってみるのもいいかもと思っています(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック