角川つばさ文庫
2014年11月25日 (火) | 編集 |
最近娘は、読書にハマっています。

"ティーンズ向け" よりさらに下、
おそらく10歳前後を対象としていると思われる
「つばさ文庫」というシリーズがあって、
これを読みまくっておられます。

きっかけは、これ。

 tubasa01.jpg

本屋を見ていた時、いとこのおねえちゃんが好きな
"ほっぺちゃん" というキャラクタの小説を見つけて、
購入したのが つばさ文庫との出会い。

 tubasa02.jpg

こどもの年齢に応じたピンポイントの本を探すのって
難しいですが、この文庫はだいたいどれも
小学校の中学年にちょうど良いようなので、
それ以来この緑色の背表紙を目印に選ぶようになりました。

 tubasa03.jpg

内容もちょうど良いんでしょうけれど、
表紙とか中身の挿絵なんかがどれもかわいくて、
女子小学生にツボなんだろうなぁと想像されます。

 tubasa04.jpg

これも、かわいいから好きかな?と思って
手に取ってぱらぱらしてみたんですけれど、

 tubasa05.jpg

"ゲームブック" なんですよ!

なつかし~~

21世紀にも廃れていないことに驚き!
わたしがこどもの時分に、好きでよく読んでいました。
自分でゲームブック作ったこともあります。
(弟に読ませてた)

わたしが持っていたのは確か「犯人を捜せ!」っていう
名探偵が怪盗のトリックを暴いて追い詰める…的なもので、
そこから江戸川乱歩とかモーリス・ルブランへ進み、
ミステリ好きの少女ができあがったわけですが、
娘のこれは、スイーツ三昧で妖精が出てきたりする
メルヘンなお話のようなので、
今のところはわたしの歩んだ道へ傾くことはなさそうです。

中でもまさに今 一大ブームとなっているのは、
「サトミちゃんちの8男子」
というシリーズです。

 tubasa07.jpg

ご想像のとおり、南総里見八犬伝のモチーフを借りた
お話のようで、表紙の絵を見る限り、イケメンだらけです。

初読の時なんか、編み物しているわたしの横で読みながら
「ええっ!」
「ダメだよー!」
「そうだったの!?」
など、キャッキャ騒いでいるのが可笑しいです。

 tubasa08.jpg

「もー、8男子よみたいのに、先生めっちゃ宿題だすんだから・・・」
とぶつくさ言いながら
"読みたいパワー" でガーっと宿題済ませたりしているので、
思わぬありがたい影響まで出ています。

つばさ文庫を卒業する日も
そう遠くない未来にくるのでしょうけれど、
間違いなく2014年後半、我が家で最もヒットしたものと言えます。

 tubasa06.jpg

最近「8男子」シリーズの後「1男子」シリーズもあると知って、
ときめいている娘なのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:ライトノベル ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
前にも一度コメントさせていただきました、nanaseです(^^)少し遅れてのコメント、失礼します。
思わず懐かしい!とちょっと少女時代に戻ったような気持ちになったので、反応が遅くて申し訳ないのですがコメントさせてください。

懐かしい!と言っても、私がナーさんのお子さまくらいの年齢のころに「つばさ文庫」と出会っていたわけではなく…
多分、対象年齢は同じくらいだと思います。「青い鳥文庫」というのがあったんです(調べてみると、今もありますね~)。
私は「クレヨン王国」というシリーズが大好きで、クリスマスや誕生日に親にねだったものです(本当に懐かしい!)
でも、こちらは決して(失礼ですが)女子小学生受けするような絵柄ではないものが当時は多かったので、周りで読んでる子はいませんでした。
しかし、文庫の名前は忘れてしまったのですが、やはり漫画雑誌と並行して可愛い絵柄が挿絵となっている文庫本は、クラスの女子間で大流行してました!私も何冊か買って、読んでました~。
お話の内容も少女漫画寄りというか、小学生女子が入り込みやすくて、こんなことあったらいいよね~!!と盛り上がれる要素満載!お話に出てくる男の子に皆でキャーキャー言ったりと少女漫画と並行して盛り上がったものです。

長々と書いてしまってすみません…。今は絵柄もすごく可愛くって、時代が進むにつれてほんと「おしゃれ度」が増していますよね♪
たまに、「あと10年遅く生まれたかった~」と本気で思ってしまいます(^^;)
懐かしい気持ちを思い出すことができました。ありがとうございました(*^^*)
2014/11/28(Fri) 15:26 | URL  | nanase #POQ5NLzM[ 編集]
nanaseさん、こんにちは。

アツいメッセージ、うんうん!と読ませていただきました(^^)
わたしが中学生くらいの頃は「コバルト文庫」が流行っていました。
あれも女子好みのイラストで、人気のイラストレータさんだと
挿絵で本を選んだりなんかもしてましたね。

「あと10年遅ければ・・・」は、本当にそうですね~
やはり20世紀と21世紀の差は大きい(笑)。

娘は学校の図書館からも本を借りてきますが、
「○○ちゃんにおしえてもらった(^^)」
とかわいい絵柄の本を持ってくるので、
おともだちと楽しそうにキャッキャやってるんだろうなと
微笑ましく思います。
その辺は今も、昔と変わりませんね(^^)
2014/11/28(Fri) 20:29 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック