畑の経過報告(1)
2014年10月28日 (火) | 編集 |
今年の8月、庭の片隅に小さな畑コーナーを作りました。
今日はここ2ヶ月ほどの様子をまとめてみたいと思います。

蒔いた種は、大根、かぶ、レタス、ほうれんそうでした。

 farm2014-25.jpg

暖かい時期だったので、どの種もすぐ発芽しました。
大根は1週間で、こんなに元気。

 farm2014-26.jpg

間引いて、オムレツに入れて食べました。

 farm2014-27.jpg

これは、10日くらい経ったころの
ほうれんそう(手前)と、リーフレタス(奥)。

レタスは発芽に時間がかかるイメージがありましたが、
他とそう変わらず、すぐに芽が出ました。
これまでは早春に蒔くことが多かったから
成長に時間がかかると思ってしまったみたいです。

2階のベランダで布団を干す時なんか、
そこからも畑が次第に緑色になっていくのが分かって、
日に何度も眺めてしまうほど楽しかったです。

 farm2014-28.jpg

この頃、お店で少し苗も買ってみました。

ブロッコリは、植えたら葉っぱがぐんぐん大きくなって
嬉しく思いましたが、ある朝見たら、

 farm2014-29.jpg

朝露がとても美しく周りをふちどっていて、
こんなつき方をすることに驚きました。

 farm2014-31.jpg

半月ほど経つと本葉が出て、
それぞれの野菜らしくなってきます。

 farm2014-30.jpg

ほうれんそうの葉っぱはとてもやわらかそう。

 farm2014-32.jpg

リーフレタスも色づいて、きれいです。

 farm2014-33.jpg

これは、20日くらい経った頃の
ほうれんそうとレタスの畝。

 farm2014-34.jpg

ちょくちょく間引きがてら、朝食などに使っていました。

この辺りまでは、順調でした。

 farm2014-35.jpg

これは、ひと月ほどした頃の大根。
写真でも、ちょっと分かると思うのですが、
葉っぱかじられちゃっています。

この頃から、虫の被害が現れ出したのです。

畑を見に来ると、大根の周りには
よくバッタがいました。
バッタはキライじゃなかったけれど、
大根好きなのかなぁ。大根かじられるのは困ります。
娘がいる時には、
つかまえて公園に放しに行ってもらってました。

あとは、昔かぶを育てた時にもついてた
黒いにょろんとした虫。
(何か分からないから くろむし って呼んでます)
アイツが食べてるようでした。

実は畑が完成して種を蒔いた次の週末、
Eテレ「やさいの時間」で大根をとりあげていて、
種蒔きの後、防虫対策で覆いをかぶせていました。
(かぶも同様)

大根やかぶは、そうしないといけないんですね(×o×)
1週間早まった・・・

見苦しすぎるので写真を載せませんけれど、
かぶはほとんど葉っぱが骨組みだけになるくらい
食べられちゃっていました。

 farm2014-36.jpg

一方、今月上旬のほうれんそうの畝。

遠目には一見、被害がないように見えますが
けっこうかじられています。

 farm2014-37.jpg

その4日後の写真がこれです。
(お見苦しくて申し訳ない・・・)

もう、たべられるものじゃなくなっちゃいました。

ほうれんそうも、防虫対策が必要でしたね…。
以前、冬場にプランタで栽培したことはあったのですが
畑栽培となると、勝手が違うのかなぁ。

何もかもが虫にやられて、
見るたび癒されていた畑が残念なことになってしまいました。
最近は、絶対にひとかじりもされない
ネギエリアばっかり眺めています。

このあとほうれんそうはさらにボコボコにされ(笑)、
もう、抜くことにしました。

 farm2014-39.jpg

10月は台風や行事で週末がつぶれまくったので
のびのびになってしまいましたが、
ほうれんそうの畝をきれいにして、作り直しました。

まだギリギリ秋蒔きに間に合うと思うので、
今度は覆いをして蒔き直してみようと思っております。

 farm2014-38.jpg

レタスもいったんぜんぶ収穫しました。
ついでに、「根っこ再利用」で育てたネギも少々。

とりあえず、レタスチャーハンは作れたのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:野菜づくり ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック