よみがえる端材2014-2(その1)
2014年09月30日 (火) | 編集 |
ホームセンタの木材エリアでは、たいてい
"端材" が売られています。

カットサービスで出た残りの部分を
捨てたらもったいないし、他にほしい方がいるかもしれないので
置いているんですね。

わたしがよく行く近所のお店では、
端材のサイズによってひとつ¥50、¥100、¥200・・・など
キリの良い金額で売られています。

使いたいのが小さな木で十分な時には便利だし、
時々良い木があったりするので、端材コーナを見るのは楽しいです。

先日おでかけした時、ついでに
初めて行くホームセンタに寄った時も、
きっと端材コーナがあると思って見てみました。

そうしたらそのお店の端材コーナは
「つめ放題」システムになっていました。

いつでも気軽に行ける場所のお店ではないし
娘がやりたがったので、
記念に・・・と、つめてきたのがこの袋です。

 woodCabinet01.jpg

なんと言うか、「きちきちにキレイにつめて
限界までチャレンジしよう!」という気が起きないほど
いっぱいもらえてしまいました。

1袋¥200。すごくお値打ちでした。

 woodCabinet02.jpg

お店で見た時には小さく見えた端材も、
こうして家で手元で見ているとけっこう大きな印象です。
えっと、40片ほどあるのかな。

せっかくなので、これで何か作ろうと思います。

幸い同じ厚みの板がたくさんあったので
それらを中心に使うことにします。

 woodCabinet03.jpg

はじめにザッとオイルペイントして、

 woodCabinet04.jpg

くっつけてみました。

 woodCabinet05.jpg

長さはまちまちなので、短い板に合わせて
長い部分を切り落とすことにします。

 woodCabinet06.jpg

おお、思ったより綺麗にカットできました!

結構固かったけど、何の木かな?
(TOKIOの松岡くんだったら「栗だ!」って言ってそう)

杉には見えないし、たくさん端材が出てたってことは
赤松かな。

 woodCabinet07.jpg

同じ要領でもう1セット。
長めの板がもうないので
こちらは横にも1本使って、縦横両方をカットすることに。

 woodCabinet08.jpg

これで同じ大きさの "合板" ができました。

スライム8匹集まるとキングスライムになるような感じ(^^)?
小さな端材たちが力を合わせているようで、
かわいく思えてきます。

 woodCabinet09.jpg

構造部分に使うため、少しだけ木材を買ってきました。
1×2のSPF材です。

 woodCabinet10.jpg

"合板" の幅や長さを見ながらカットしていきます。

 woodCabinet11.jpg

塗装をどうしようか悩みましたが、
これらはペンキで塗ってみました。

ペンキ久しぶりだったので、
容器の蓋を開ける時ドキドキしました!
(固まってなかったのでホッとしました)

 woodCabinet12.jpg

塗りあがったらヤスリがけをして、
合板と組み合わせていきます。

 woodCabinet13.jpg

まず合板の木口に合わせてネジどめして、

 woodCabinet14.jpg

それからサイドを囲むように枠状に組みました。

 woodCabinet15.jpg

同じサイズのパーツが2つできました。

ん、これこんな感じで2枚を組み合わせたら
カフェか何かの看板みたいですね(^^)?

 woodCabinet16.jpg

でも今回作ろうと思っているのは看板ではないのだ~。
まだまだ作業は続きます♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

スポンサーサイト

  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック