かぎ針編みお花モチーフ・オオハンゴンソウとスパラキシス
2014年07月07日 (月) | 編集 |
今日は、ふち編みだけを残したお花モチーフを用意しました。

 flowerMotif124-04.jpg

いつもブログを見て下さっている方は、「さては・・・」と
気づいて下さるかもしれません。
そうです、半年おきのクルマの点検の時期がやってきたのです。
待ち時間をいつも、このモチーフを編んで過ごしているんですよね。

点検前の打ち合わせが終わったら、
ひそかにメカニックのお兄さんとの闘い開始!

今回は、6枚中4枚完成し、5枚目を編み始めたところで
点検完了でした。
「これも換えた方が・・・」「これもやった方が・・・」と
勧められたオプション全部頼んだので結構編めましたが、
今回も全部は編みきれなかったですね。(今まで全敗です)

 flowerMotif124-03.jpg

今回は点検というか、車検でした。
今乗っているクルマは若い頃初めて買ったクルマで、
もう15年乗り続けていることになります。
娘よりもずっと年上なので、娘は「せんぱい」と呼んでいます。

15年間、これよりカッコイイと思うクルマに出会わないので
買い換える気が起きませんでした。
このクルマと別れる時が来たら、泣いてしまうかも・・・
という気がします。

わたしはクルマのことが何も分からないから、
こうして点検に連れてくることしかできません。

車検でいろいろなところをお手入れしてもらって、
またあと2年間、乗れることになりました。
よかったぁ(^^)

   *

さて、モチーフの話に戻りますと、今回は
「やわらかなぬくもりを大きくつないで
かぎ針編みお花モチーフ」の会
「(124)オオハンゴンソウとスパラキシス」です。

 flowerMotif124-02.jpg

キットについていたのは今回も9玉。

 flowerMotif124-05.jpg

こちらがオオハンゴンソウのモチーフです。

前回、2種とも編みやすいデザインだったので
「次は大変なのが来るのでは・・・」と
ちょっと警戒していたのですが、
意外にも、今回も易しいデザインでした。

これは使われている色も2色なので、
糸始末も簡単です。

 flowerMotif124-06.jpg

こちらがスパラキシス。

これも編みやすいです。
一番外側のピンク色の段は、気持ちよく編めます。

 flowerMotif124-07.jpg

画像を検索して見てみたら、
鮮やかなトリカラーのお花なんですね。
特徴をつかんで うまくデザインされてるなぁと思いました。

   *

今回は、デザインとは別のところで驚きました。

編み図には簡単なお花の解説が添えられていますが、
オオハンゴンソウの解説に
「一株当たり1600粒の種子を生産します」
とありました。

へぇ すごい、と思い、
いつものようにどんなお花か写真を見ようと思って
Googleで検索したら、入力フィールドに、

 flowerMotif124-01.jpg

って!

いっしょに検索されるワードの最初が「駆除方法」ですよ。
なんとオオハンゴンソウは特定外来生物に指定されているのでした。

1600粒の種子って、そういうことなのか・・・

 flowerMotif124-08.jpg

しかも、「ルドベキアの総称で園芸品種として流通していた
ものもある」とのこと。
うちでずっと育ててる、あれか!
どおりで枯れないわけです。じょうぶな植物なんですね。

ただ、うちのルドベキアには種はできません。
きっとそのように品種改良された種類なのですね。
そうでなければ、販売されていないと思います。

確かに、これを育てるようになってから
道路沿いや土手などに「あ、ルドベキアだ」と気づくことが増えました。
それらの背丈は1mを超えているものが多く、
「野生の(?)ルドベキアは元気だなぁ」なんて思っていました。
(うちのルドベキアは、せいぜい20cmくらいです)

それらは、種で増えるタイプなのかもしれませんね。
群生しているところなんかきれいだろうなと思うけれど、
生態系を壊すとなると、呑気にそうも言っていられないですね・・・

今回は、思わぬ知識を学べたキットだったのでした。

 flowerMotif124-09.jpg

でもルドベキアと知ってから見ると、
わたしだったらモチーフの中心は こげ茶で編むなぁと
思ったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック