小松菜栽培記(3)
2014年04月28日 (月) | 編集 |
3月に種蒔きをした小松菜。

去年買った種だったので少し多めに蒔きましたが、
充分に発芽しました。

 komatsuna2014-01.jpg
   (2014/4/8)

この時、種蒔きから半月ほど経っています。

 komatsuna2014-02.jpg

ここらでちょっと間引いておきました。
間引いた葉っぱは この日、たまごやきに入れて使いましたよ。

さてそれからさらに半月ほどが経ち、
小松菜らしくなってきました。

 komatsuna2014-03.jpg
   (2014/4/23)

今日の記事タイトルの(3)というのは昨年からの連番なのですが、
小松菜の栽培は去年が初めてでした。

3月に植えて大成功だったので((1)の記事
それを収穫した後、4月の終わりに再度種蒔きしたのですが、
その時は虫に食べられてしまって、大失敗だったのでした。
(2)の記事

実際そのすぐ後くらいに Eテレ「やさいの時間」で
小松菜栽培をとりあげていた時、先生が
「防虫対策をとらないと、小松菜は全滅です」
と仰っていました。
まさしく( >o<)っ

なので今回は虫が増えるまでの時間との闘いだと思っていましたが、
なんとか、一歩先んじることができたようです。

お店で並んでいる商品に比べると だいぶ小さいですが、
わたしにとっては このくらいが収穫適期。

小松菜は若干ほろ苦く感じることもありますが、
このくらいの苗だと、それが全くないのです。
こどもの食べる料理にもぴったり(^^)

 komatsuna2014-04.jpg

収穫した苗は、娘がMy包丁でざく切りにして、

 komatsuna2014-05.jpg

まんまるチヂミに。
立派な主役の料理になりました。

残り種に1ヶ月水やりしただけでおかずができたので、
主婦として嬉しいです(^ー^)

ここで調子に乗って「もう一回」とすると、去年の二の舞ですもんね、
小松菜のプランター栽培は また来年のお楽しみにしておきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:家庭菜園 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック