こぎんちゃん
2014年03月17日 (月) | 編集 |
今日はふと思いついて、初めてのものにチャレンジしています。

 koginBottle01.jpg

といってもこのくらいの段階だと
いつものこびんちゃんじゃん? という感じですね。

ここにいつもはお顔をつけて作るこびんちゃんを、
ステッチを入れて仕上げてみました。

 koginBottle02.jpg

編み地を布に見立てて、こぎん刺しをしてみましたよ。

わたしはほとんどの作品を一発勝負で作るのですが、
これは完成にこぎつけるまでに
珍しく何度も試行錯誤を繰り返しました。

 koginBottle03.jpg

初めに "ラミー100" で編んだ時は
編み地の "マス目" が大きすぎて、しっくりきませんでした。

 koginBottle04.jpg
   ださい・・・

もっと細い糸と針に変えて…と思い、
手持ちの中で最も細いプレミアムコットンを使って
編み直したのが、さきほど載せたものです。

糸が細い分、編んでも編んでもなかなか編み地が
大きくならないのでくじけそうでしたが、
途中でこれを目にした娘が

「おっ、なにか すてきなものを つくってるね!」

と言ってくれたので、がんばれました(^^)

ただしプレミアムコットンバージョンでも
どうしても こぎん布よりは目が粗くなるので、
こぎん糸で刺してもスカスカ感が出てしまいました。

なので、普段あみぐるみに使う毛糸を使って刺しました。
毛糸といっても "ナチュラルテイスト" なので、
素材的には綿麻です。

だいぶ以前に、ナチュラルテイストがこぎん刺しに合う のは
試したことがあるので、今回採用しました。
それを3本どりにしています。

正確には「3本どり」ではなく、「3回刺し」です。

たぶん毛糸の "より" のせいだと思いますが、
3本いっぺんに刺すと信じられないくらいよじれたんですよね~

「すぐよじれてくる」ではなく、
まっすぐに整えた糸を刺しても、
1目もまともに刺せないのです。

というわけで、3本どりで刺すのは諦め、
1本ずつ3回同じところに刺すという方法で
刺していったのでした。

   *

これは思いついたとき、自分ではかなり
エポックメイキングな発想ではないか!? と思いました。

まず、手に入りにくいこぎん布が要らないので
いくらでもこぎん刺しを楽しむことができます。

くるみボタンには収まらない大きな模様も
刺すことができます。

円筒状に輪になっているので、
両端で折り返す必要がありません。
ぐるぐると同じ方向に刺していけます。

そして!

透明なビンを編みくるんでいるので、
こぎん刺しの隠れた魅力である「裏」も
楽しむことができるのです~

 koginBottle05.jpg

発想はよかったはずだけれど、
ちょっとわたしの実力が、伴わなかったかな。

さらに細かい目の編み地だったら、
もっと美しかったかもしれませんね。

というわけで幻の傑作「こぎんちゃん」、でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
素晴らしいです!
すごいアイディアです!ヾ(≧∇≦)
恥ずかしながら私こちらにいてこぎん刺しやったことないんです。
小学校は八戸だったので菱刺し(南部では菱刺しと言います。たぶんやり方や模様は少し違うと思いますが。)は家庭科でやったんですが。
青森の小学校だったらきっとやってたんでしょうね。
私編み物はしますが縫い物はイマイチなので(よく手に針刺してます…(^_^;))これはいいです!
カギ針と同じくぐるぐる刺していけるというのも魅力的☆
いつもナーさんの作るこぎん刺しを見ててやってみたいな~とは思っていたんですがなかなか…。
これはやってみたいです!
参考にさせてください。m(_ _)m
2014/03/17(Mon) 09:32 | URL  | 鮭子 #-[ 編集]
素敵です.*・゜
こんばんは♪

こぎんちゃん、素敵ですヾ(^▽^)ノ
裏も楽しめるって、素敵です.*・゜
和小物はほっこりしますね
キュンキュンです( ´艸`)

こぎん差し、やってみたくて。
材料とかそろえると…ってなかなか手が出せませんでした。

こぎんちゃんでこびんちゃん(〃▽〃)
はじめてみようかな(*^.^*)
2014/03/17(Mon) 22:44 | URL  | はなまめ #NJsiWxd2[ 編集]
◇ 鮭子さん

家庭科の授業で地元の手芸を習うんですね!
素敵なことですね(^^)
わたしも刺しゅうは得意ではないのですが、
クロスステッチとこぎん刺しは
マス目に沿って刺せばよいので、楽しむことができています♪


◇ はなまめさん

そうなんですよね、こぎん刺しは楽しいのに
材料をそろえるところにネックがあるんですよねー。
こぎんちゃん見てくださってありがとう♪
和小物は、何ともいえない和む感じがいいですね(^^)
2014/03/18(Tue) 07:57 | URL  | ナー #-[ 編集]
ビンがいつもと違った雰囲気をまとっていますね♪
裏からの画像がまた素敵です。

編み地を布がわりとはなかなか~♪♪
何度も刺してみたり、やり方を変えてみたりして、
そこから発見できるって感動ですね!

どんどんいろんなものが生まれそうですね❤
2014/03/19(Wed) 17:50 | URL  | hitoko #-[ 編集]
hitokoさん、こんにちは。

こぎんちゃんにメッセージありがとう♪♪
ビンが透けてしまうので、いつもこびんちゃんは
内側をできるだけスッキリきれいに・・・
と心がけて作っていたけれど、
こぎん刺しだと思い切り裏側も楽しめるなって思いました(^^)
2014/03/20(Thu) 06:41 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック