おためしバークチップ
2014年03月13日 (木) | 編集 |
今年はひとつ、お庭で挑戦してみようと思うことがあります。

我が家の外周にはツツジが植わっています。

 MayGarden20.jpg

1年に1週間、ゴールデンウィークの頃こんなふうに
きれいなお花を見せてくれるのですが・・・、
それ以外の時期は、ただの木。

このツツジ、
剪定、花殻拾い、木の下の雑草抜き、枯葉の掃除、と
わりとお手入れが大変なのです。

 woodchip03.jpg

今は、こんな感じ。
常緑樹でも世代交代というのか、古い葉っぱは落ちますし
冬の寒い時期でも そこそこ雑草は生えるものです。
夏なんか、ちょっと見ない間にすごい大きなのが育っていたりします。
ツツジの背丈を超すエノコログサが収穫できたり(笑)。

ここをきれいに保つのはなかなか骨で、
しかもそれが年々しんどくなってきている気がするのです。

わたしがどんどん年をとるせいかなと思っていたのですが、
木が大きくなってきているためか! と最近気がつきました。
たまたま植えたばかりの頃に撮った写真を見たら、
今より明らかに木が小さかったのですよね。

だから、はじめのうちはラクに手が届いた範囲も
地面に這うようにして、伸びた枝をかいくぐらないと
お手入れできなくなってきていたのでした。

これまで幾度も対策をとろうと思ってはやめて
現状に甘んじてきたツツジですが、
もしかしたら劇的に改善するかもしれないし、
いっちょ挑戦してみようかなと思います。

   *

その材料をホームセンタで購入してきました。

 woodchip01.jpg

赤松樹皮の、バークチップです。

これを足元に敷き詰めようという作戦です。

 woodchip02.jpg

お店には3種類くらいあって、
これは中くらいのサイズのものです。
一番大きいのは、美術館とかの庭園?レベルの植栽でないと
木が負けそうな感じがしました(^^;)

 woodchip04.jpg

これを敷く前に、まず今生えている雑草や落ち葉を掃除します。

 woodchip05.jpg

1時間ほどかけて、ひとまず数mの範囲をきれいにしました。
キモチいい(^^)!

ここへバークチップを撒いていきます。

掃除している間、はやく敷いてみたくてたまらなかったので
うっかり勢いで素手でひょいひょいつかんで
撒いちゃったのですが、あとからよく見たら
手に細かいトゲがめっちゃ刺さっていました。
(全部抜くのが大変でした)

調子に乗っていて、そこまで気が回りませんでした。
みなさんはお気をつけくださいね。

 woodchip06.jpg

でも、見てください☆
なかなか感じよくなったと思います(^^)

この日施したのは、買ってきたうちの1袋分。
敷けた範囲を見ると、全周をカバーするには
あと3・4袋 買う必要がありそうです。

 woodchip07.jpg

土の表面がカバーされているので、
生える雑草は確実に減りそうです。

ただ心配なのは、細かいツツジの枯れ葉が
うまく掃除できるだろうか・・・ということ。

もしかしてバークチップと混ざって、
とんでもないことになっちゃうのかなぁ。

咲いた後落ちた花殻がチップにくっついて
汚く見えてしまうかも…という不安もあります。

それが、今までここに何かを敷こうと思うたびに
わたしをためらわせていたファクタなのですが・・・

思い切って敷いてみたバークチップが
吉と出るか凶と出るか、
ひとまず一年間、四季を過ごして様子を見てみたいと思います。

何か起こったら報告しますね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:ガーデニング ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック