おひなさま2014
2014年03月03日 (月) | 編集 |
この時期 正直憂鬱なのが、おひなさまの飾りつけ・・・

前にも書きましたが、うちにあるおひなさまは
わたしが生まれた時に買ってもらったものです。
昭和の段飾り(汗)。

 ohinasama2014-01.jpg

お店でコンパクトなケース入りのおひなさまを見るたびに
あれ、いいな・・・と思ってしまいます。

 ohinasama2014-02.jpg

出さなきゃ出さなきゃと思いつつ、
今年もかなりギリギリになってしまいました。

 ohinasama2014-03.jpg

小さい頃は、1ヶ月くらい前から飾ってもらって
小物を手に取ったり羽ボウキでぱたぱたしたり、
楽しんだ覚えがあります。
娘にも同じことをしてあげなければならぬのに、
サボってしまってゴメンよー。

でも重い腰を上げ、飾り始めてみると
わりと楽しかったりするんですけれどね。
「やり始めないとやる気は出ない」の法則ですね。

 ohinasama2014-04.jpg

ぼんぼりが点灯すると、
毎年ながら感動に似た気持ちを覚えます。

このおひな飾りも、アラフォーですからね。
配線も電球も、よくもっていると思います。

 ohinasama2014-05.jpg

回り灯籠というのは、素敵な発明品ですよね。
モーターなどの動力ではなく、
あたたまった空気でセロハンの筒を回して
光のアートを生み出すなんて、すごい発想だと思います。

 ohinasama2014-06.jpg

小一時間で、なんとか飾りつけ完了~
(他の人形さんたち、ゴメン。
 去年出したから今年はゆるして( >o<))

飾り方、あってる??
木の位置とか、若干自信がないですが・・・

でもそもそもお雛様とお内裏様の位置も、
地域によって違ったりしますよね。
わたしは、いつも飾る位置で飾っていますが
以前、公共施設に飾られたお雛様がこの逆の並びで
ぎょっとしたことがあります。
(間違えてる!って思っちゃいました)

 ohinasama2014-07.jpg

おもち用の台を使って、これまでに作った
こぎん刺しくるみボタンをお供えしてみました。
わたしと娘のお裁縫が、上達することを祈願して(^^)

あんなにおっくうだったのに、飾ってみると
「うちのはいいなぁ」なぁんて、現金に思ってしまいます。

お雛様のお顔は、関東・関西・中部で
けっこう雰囲気が違うそうですね。
わたしはこの手のお顔のおひなさまがしっくりきますが、
きっと皆さんそれぞれ、好きなタイプのお顔があると思います。

 ohinasama2014-08.jpg

飾り方にしろお顔にしろ、自分の慣れ親しんだものがある
というそのこと自体が、幸せなことなのかもしれませんね。

わたしもめんどうがってないで、
娘にそんな幸せ記憶を作ってやらなきゃな~と思ったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:**暮らしを楽しむ** ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック