冬の動物たち
2014年01月16日 (木) | 編集 |
今週の月曜日は、成人の日でしたね。

やっと冬休みが終わったばかりだし
娘はまだ二十歳までにはだいぶあるから意識になかったので、
えっまた休みなの?? と驚いてしまいました。

改めて考えると「成人の日」って、
"関係ある人"(=成人とその家族など)が少ない祝日ですよねぇ。

「こどもの日」「勤労感謝の日」「敬老の日」などに比べて、
その年二十歳になる人の人数は、きわめて少数です。

むしろ「七五三」の方が、三倍近くはいるのに、
そちらは国民の祝日にはなっていないんですよね。
きっと成人するということが、昔は今よりも
重く受け止められていたんですね。

   *

さて、学校が休みとなると じゃあ何して過ごそう?

良い天気だったので、寒いけれど思い切って出かけようかと思い、
動物園へ行ってみることにしました。

正確には、動物のいる市の公園(無料)です。

寒波のためかなり寒い日が続いているけれど、
動物たちはどうしてるのかな~と思ったのです。

着いてみたらちょうど「動物たちのごはんタイムです」
という放送が流れて、飼育員さんの解説つきで
ごはんを食べるところを見ることができました。

 zoo2014-02.jpg

どんなものを食べるのか詳しく教えてくれて、
その動物のこともいろいろと話してくれます。

 zoo2014-01.jpg

リスザルたちは、餌トレイを持ったおねえさんが現れた途端
落ち着きを失っていました(^^)

 zoo2014-03.jpg

リスザルは小さくてかわいらしいですよね。

その隣のブースにいたマーラという動物もかわいかった!
去年やってきたそうで、初めて見ました。

 zoo2014-04.jpg

うさぎのような、カピバラのような、
不思議な顔立ちの動物。

実はテンジクネズミの仲間なんだそうです。
モルモットもテンジクネズミ科の動物ですが、
マーラは草原に住んでいるので脚がすらりとしていて、
時速45kmもの速さで走ることもできるんだそうです。

こういう知識は本などで読んだだけでは
すぐ忘れてしまうことが多いけれど、
こういう場で聞くと、記憶に残りますね。

 zoo2014-05.jpg

穏やかな性格らしく、餌を持ったおねえさんが入っても
置かれるまでは手を出したりせず、おとなしく待っていました。

 zoo2014-06.jpg

かわゆいです。

ペレットの他に、ニンジンやサツマイモも与えられていましたが、
わたしの見る限りこの子は、
ニンジンよりサツマイモの方が好きなようでした。

哺乳類では珍しいことに、一度結婚したペアは
一生添い遂げるんだそうですよ。
オス・メス1頭ずつでやってきたので、
互いに気に入って赤ちゃんが産まれるといいなぁ思っているんだ、と
おねえさんは言っていました。
わたしも見てみたいです。かわいいだろうなぁ(^^)

わたしは犬や猫を飼ったこともなく親しんだことがないので
それほど動物が好きではないのですけれど、
ここにいるのはおしなべて愛らしい子が多く、
見ていると気持ちがなごみます。

 zoo2014-07.jpg

プレーリードッグとか、

 zoo2014-08.jpg

ミーアキャットとか。

ミーアキャットは、わたしがカメラを向けた時
「おーい、とるよー」と娘が言ったらクルっとこちらを向いたので、
娘は「おはなしできた!」と喜んでいました。

 zoo2014-09.jpg

フラミンゴもキレイ。
水冷たそうだけど、ガンバってね!

 zoo2014-10.jpg

あとニホンザルは、いつ見てもヒマそう。

 zoo2014-11.jpg

とにかくヒマそう(笑)。

温泉でも湧いてたらいいのにね。

 zoo2014-13.jpg

池の周りは寒風が吹きぬけて さすがに寒かったけれど、
(すごい遠くの噴水の水しぶきが、岸まで飛んでくる!)
ひなたのベンチはなかなか暖かくて
持って行ったお弁当を青空の下で食べることもできました。

気が向いた時にくる程度なのですが、
いつもの子たちが元気にしているのを見ると、
なんだか嬉しい気持ちになります。

 zoo2014-12.jpg

ゾウさんは微笑んでくれているみたい。

思い切って おこたを出てきて正解でした(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:お散歩・お出かけ ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック