あみコレ2013・テーマ作品
2013年12月25日 (水) | 編集 |
先日終了した "あみぐるみコレクション2013" の、
参加者全員が ひとつのお題にそった作品を作るという
「テーマ作品コンテスト」。

そろそろコンテストの結果発表も公式サイトであると思いますが、
今日はわたしが作った作品のメイキング編を
載せたいと思います(^^)

今年のお題は「やわらかいものかたいもの」でした。

「どっちでもいいです。
 柔らかい物か固い物を自由に表現してください」

とのこと。

毎年このテーマ作品には頭をひねらされますが、
あみぐるみを作っていることから、
一番はじめに想起したのは、「わた」でした。

でもそれをあみぐるみとして表現できそうになかったので、
ヤメに。

というわけで私が作ったのは、その次に想起したもの、
"まくら" です。

はじめにイメージしたのは、
ふとんで寝ているシーンでした。
でも寝ころんで頭を載せると、
まくらが見えなくなっちゃうんですよね。

まくらにフォーカスするには、手で持っていた方がいい。
でも、寝る時にまくらを持ったりはしない。
となると・・・と考えて思いついたのが、
"旅行の準備" というシーンでした。

「まくらが変わると眠れない」というのはベタな表現ですが、
実際ホントそうですよね。
旅先で、ちょうど自分に合う高さと硬さのまくらに
出会えることって なかなかないです。

というわけで、旅行に "マイまくら" を持参する
という設定の作品にしてみました。

娘がまさに、そうなんですよね。
旅行やおばあちゃんちに泊まりに行く時には、
必ず自分のまくらを持っていきます。
今回作ったのは、娘のそのまくらをモデルにしています。

「旅」をイメージすると、もうひとつ小物を
つけ加えることができます。

ここではちょこっとだけ、木工の素材も活用。

 ac2013-04.jpg

ヒノキの丸棒を棟梁でスライスして、

 ac2013-05.jpg

ヤスった後ペンキで塗って仕上げました。

 ac2013-06.jpg

クッピーラムネみたいでした。
キャリーケースのコロコロ部分ですね。

これも、こどもサイズのものを娘が持っているので
それをモデルに作りました。
ガラガラ引いてホテルのロビーを歩いているところなんか、
まさしく「一丁前」に見えたものです。

そんなわけで今年のテーマ作品は、
娘がいたからこそできたものだと言えます。
ふだんの暮らしの何気ない一コマが、
こういう時に活きてきますね。

 ac2013-07.jpg

まくらもキャリーケースも、どちらも作るのが楽しかったです。

そうそう、今までの作品は皆、
台座が四角かったのですけれど、
今回は まんまるで作ってみました。

 ac2013-08.jpg

柔らかい雰囲気になって、なかなかよかったと思います。

 ac2013-09.jpg

「旅のおとも」が、タイトルです。

みんな、当たったかな~(^^)?

   *

会期が始まって他のみなさんの作品を(Webで)見せてもらうと、
毎年ながら感心したり参ったり。

やわらかいものでは赤ちゃん、
かたいものでは絆、
が多かったかな。

わたしは「やわらかくもかたくもある」ものを作ったつもりでしたが、
両方を作られた方も結構いらっしゃいましたね。

毎年テーマ作品を考える時には、
なるべくモチーフが人とかぶらないように・・・と思うのですが、
今年、hitokoさんもまくらを作ってらっしゃいましたね(!)
hitokoさんらしい、やさし~い雰囲気の作品でした♪

いろいろある中で同じものを思いついたことが、
逆に嬉しかったです。(わたしはね(^^))

コンテストの投票は、会場だけでなくWebからもできました。
投票の際にはコメントを添えることもできたので、
先日事務局さんが、わたしの作品に対して
いただいたメッセージをメールで送ってくださいました。

旅行にマイまくら、というシチュエイションに
共感してくださった方が、
思いがけずたくさんいらっしゃったみたい。
作ってよかったな~と思いました。

今回最も衝撃を受けたコメントをご紹介。

「うさぎさんが好きです、でもぞうさんのほうがもっと好きです。」

うさぎデザインのまくらにしたおかげで
投票してもらえたんですね(^^)
ありがとうございます。

ぞうさんのまくらを想像したら、おもしろかったです。
たぶん寝るのに鼻が、超ジャマだよね。

   *

さてコメントに先立って、会期終了後すぐ返送されてきた荷物、
毎度ながらすごい大きさで、
納品したものがそっくりそのまま返ってきたんじゃないかと
ヒヤリとします(汗)。

 ac2013-29.jpg

わたしあみコレに参加するのは今年5回目なのですが、
実は今までのテーマ作品について、

1回目:売れ残り
2回目:お買い上げ
3回目:売れ残り
4回目:お買い上げ

という法則があるのです。

この法則によると今回のテーマ作品は戻ってくることになるのですが、
果たして・・・

 ac2013-30.jpg
   「タダイマー」

戻ってきたよ(笑)!

今年も法則は活きていたのでした(^^)
テーマ作品って、もちろん気に入ってお買い上げいただいたら
嬉しいのですけれど、帰ってきても嬉しいんですよね。
(みんなそうかな?)

そしてコンテストでは、

 ac2013-31.jpg

5位入賞! をいただきました!

すごい作品ばかりだったので、とても嬉しいです。
会場で見て気に入ってくださった方、
わたしのだと見抜いて「入れたげよっかな」と投票して下さった方、
ありがとうございました。

 ac2013-32.jpg

包みの大きさは、いただいた賞品の量の多さです。
素敵な色の毛糸をたくさんいただきました。

 ac2013-33.jpg

どうやってどんなものを作るのかわからないものも入っていました。
ぜひとも勉強して、何か作品にできたらいいなと思います。
協会さん、ありがとうございました(^^)

やっぱり参加するからには恥ずかしいものは出せないし、
テーマ作品コンテストの「入賞」は、大きな目標のひとつです。
みなさんのおかげで、今年も叶えることができました。
ありがとうございます。

そしてもうひとつ "法則" があって、
これまで4回参加したあみコレ、
1年目がビギナーズ・ラックの4位、
2年目が3位、
3年目がギリギリ10位、
去年が2位、
でした。

そして今年が5位。

狙ったかのように、まんべんなく順位いただいています。
ちょっと面白いですよね。
だから今年の順位、ほんとうに嬉しかったです。

こうなったら10年間で、1位から10位まで、1回ずつ取りたいですね(笑)。
来年はとりあえず、9位を狙いたいと思います。
また1年、腕を磨かなくっちゃね(^^)

書くことが多くて、長い記事になってしまいました。

たくさんの方にあみぐるみを見てもらえて、幸せでした。
メッセージ下さった方、本当にありがとうございました。

今年もあみぐるみコレクションに参加させてもらえたこと、
感謝・感謝です。

ありがと~(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:ハンドメイドイベント ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
5位入賞おめでとうございます☆
毎年の入賞、すごいですね~!
やはり、ナーさんのあみぐるみさんの魅力がありますもんね♪
コロコロ部分の細かさ、ナーさんならではの作りですね!

ナーさんと、テーマ作品の共通点、嬉しかったでーす(*^_^*)
2013/12/25(Wed) 14:47 | URL  | hitoko #-[ 編集]
いつも楽しく拝見させていただいてます。
5位おめでとうございます♪今回のあみコレ(東京)やっと念願かなって行ってきました!!
皆さんずこいですね!!いっぱいのあみぐるみもうワクワクでした(≧∇≦)
2013/12/25(Wed) 15:33 | URL  | nao #-[ 編集]
うんうん^^
娘ちゃんがモデルなんだなぁ~ってのは、わかりましたよ~ww
うちの娘っこと作品見ながらはなしてましたし^^

お弁当のときみたいに?この子も
戻ってくるのまってるのかもね?って・・・

5位おめでとうございます。

来年はガッツリ!!!1位狙いましょう(^ー^* )
2013/12/25(Wed) 22:33 | URL  | おぅ #-[ 編集]
みなさん、メッセージありがとうございます♪

◇ hitokoさん

コンテストのページを見た時、びっくりでした(^^)
hitokoさんのメイキングを読ませてもらって、
「ふとんに寝ちゃうとうまく表現できないかな」
という悩むポイントも同じでしたね♪

テーマ作品は1年のラスボスみたいな強敵だから、
いっしょに制作がんばっている参加者さんの存在が
心の支えみたいになりますね。
今年もあみコレおつかれさまでした~☆


◇ naoさん

あみコレ東京会場、見に行ってくださったんですね~
あれは本当に、すごい空間ですよね!
ワクワクの時間を過ごしてもらえてよかったです~♪


◇ おぅさん

すごい(^^)
娘さんともども、全部見抜いてくれてましたね~
帰るところがあるからこその「旅」ですから、
この作品は戻ってくるのがふさわしかったかもですね。
1位は究極野望だわ~~~
2013/12/26(Thu) 08:21 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック