秋の発見
2013年11月26日 (火) | 編集 |
昨日の夕方、お稽古に行くために娘と家を出たら、
目的地は家から車で10分もかからないところなのですが
急にものすごい雨が降ってきました!

今までにも、車で走っている時に風雨が強くなって
こわいなと思ったことはありましたが、
それら全てをはるかにしのぐ勢いで、本当に怖かったです。

真っ暗だし道路は海のようだし
周りの空間は全部滝のようだし、
ほんともうダメかと思いました。
13年前の豪雨の時よりすごかった。

自分ひとりならまだしも娘が乗っているので、
なんとか目的地までたどりつかなくては…と
必死で運転しましたよ。

横で娘が、「かみさまおねがいします( >o<)!!」と祈っていました。

「おかあさんのくるまがつくまで こやみにしてください!
・・・あ、でもほかのひともいるから
ずっとこやみにしてくださいぃぃ!!」

と言っていたから、7歳児の博愛精神おそるべしです。

あーほんとこわかったぁ(×o×)

   *

よもや数日後、そんなピンチに陥るとは思っていなかった
うららかな秋の日、娘と自転車で買い物に出ていました。

先を走っていた娘が「ちょっと とまっていい?」と
自転車を降りたので何かと思ったら、

 autumn2013-01.jpg

あ、これね(^^) 栗が落ちていました。

 autumn2013-02.jpg

横の土手の上に、栗の木が生えているようです。

 autumn2013-03.jpg

わたしは栗を拾う娘のそばに、
ピンク色のかわいいお花が咲いているのを見つけました。

 autumn2013-04.jpg

これは娘が幼稚園の頃、
「○○せんせいが すきな おはな あった」と言って
よく握りしめて帰ってきたお花です。

 autumn2013-05.jpg

当時わたしもこのお花の名前を知らなかったのですが、
いつだったか幼稚園でもらってきた「ずかん」で
その名を知ることができました。

 autumn2013-06.jpg

イヌタデというそうですね。
図鑑では夏のお花のカテゴリにありましたが、
日当たりのよいところだったせいか、
11月でもきれいに群生していました。

 autumn2013-07.jpg

ところでそのつい何日か前、何かの番組で
「栗の実には、ぷっくりしているのと
ぺらんぺらんのと、なぜか2種類ある」
ということをやっていました。
(「考えるカラス」だったかな??)

 autumn2013-08.jpg

娘が拾った栗の実は、ほんとうにそうなっていました。

 autumn2013-09.jpg

イガの中で、こんなふうに入っているからだそうですね。
なるほど、ぴったり合います。

何歳になっても、新しいことを覚えたり発見したりするのは
楽しいですね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:花と生活 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック