こぎん刺しくるみボタン(裏)
2013年10月15日 (火) | 編集 |
こぎん刺しは、布目に沿って平行に刺しただけの糸が
集まると規則的な美しさを描き出すところが楽しいですね。

いろいろな図案を刺していく時の もうひとつの楽しみが、
「裏側」を見ることです。

 koginButton00-07.jpg

これは、この間作ったメルスリーVer.のこぎん刺しキットで
3種類の図案を刺した布の裏側。

表から刺している時には、想像できるようでできない模様が
出てくるんですよね(^^)

で、実はこの時、"カチャラズ" の図案の裏側が
結構きれいな模様になるような気がして、
そちら側のデザインで刺したらどうなるか、
試してみたいと思いました。

("カチャラズ" は、中央の紺糸で刺した図案です)

「カチャラズをそのまま刺してひっくり返す」だけでは
次の段へ移る時に裏で渡す糸が出てしまっておかしいので、
"裏カチャラズ" の図案を簡単に描いて、刺していきました。

 koginButton00-08.jpg

"裏カチャラズ" の裏は、当たり前ですが
"カチャラズ" になりますね(^^)

手持ちのパーツでくるみボタンに仕上げて、できあがりです。

 koginButton00-09.jpg

ちょっとハシゴみたいな模様で、これもかわいいと思います。
実験成功ですね☆

 koginButton00-10.jpg

"カチャラズ" と "裏カチャラズ"、
鏡のこちらとあちらのような
不思議な関係のこぎんボタンになりました♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック