よみがえるタマリュウ
2013年09月30日 (月) | 編集 |
我が家の駐車スペースのコンクリートに切られた溝には、
タマリュウが植えられています。

 tamaryu06.jpg

タマリュウはじょうぶな植物で、ほとんどお手入れ要らず。
スキマから出てくる雑草を抜いたりはするけれど、
タマリュウ自体は「伸びた分をカット」とかの作業も必要ありません。

とびとびに植えられていたのが少しずつ株が大きくなって、
溝を埋めるように育っています。

  tamaryu01.jpg
  (同じ場所の、1年半ほど前のようす)

ただ、この5・6年の間に枯れてしまった株もあります。

 tamaryu07.jpg

日中いない おとうさん(=主人)の車の下の辺りがよく枯れるので、
夏のカンカン照りに負けてしまうのかなぁと思いながら、
この数年様子を見ていました。

そんな折、休日に園芸センターに行ったら
ケース売りのタマリュウをおとうさんが発見。

 tamaryu08.jpg

思い切って、気になっていた駐車スペースの
メンテナンスをすることになりました。

 tamaryu09.jpg

娘も手伝って、まずタマリュウが消えた部分の土を掘り返して、

 tamaryu10.jpg

新しい土を入れて、苗を入れていきました。

わたしは芝を刈ったり別のところのメンテをしていたので、
ほとんどおとうさんと娘がやってくれましたが、
細くて浅く見える溝の中にも
掘ってみると意外と多くの土が入っていて、
半日がかりの大仕事になっていました。

 tamaryu11.jpg
  (ビフォー)
 
でもふたりのおかげで、塀沿いのところも

 tamaryu12.jpg
  (アフター)

きれいによみがえっています(^^)

作業中、娘がおとうさんに
「ちっちゃい みがなるんだよ」
と教えていました。
タマリュウの実を見つけたのは もうだいぶ前のことなので、
よく覚えていたなぁと思いましたよ。

 tamaryu03.jpg
   (こんなやつ)

おとうさん、かなりうまいこと植え替えてくれたので、
もともとの部分となじんで、どこが新しい株か
ちょっと見には分からないくらいのところもありました。

 tamaryu13.jpg

(この写真だと、真ん中の株が新しいもの)

土を掘り返してみると、
枯れた株の部分とそうでない部分とで
土質に差があったようです。

枯れた株が植わっていた辺りの土は「砂」と呼べるほど
サラッサラで、これじゃあ枯れるだろうなぁという感じでした。
外構工事の途中で、土が足りなくなっちゃったのかなぁ。

今回は普通の培養土を使ったので、前より良い環境で
育ってくれそうです。

ちょっと可笑しかったのは
マリーゴールドが自生している小山の一角に、
"タマリュウファーム" ができていたこと。

 tamaryu14.jpg

ほんのちょびっと残っていた小さな株を
捨てずに移植しておいたんだそうです。
ここで育てておいて、またどこかの株が枯れたら
差し替えるんだそうな(^^)

 tamaryu15.jpg

ふたりががんばってくれたので、
タマリュウライン、見事復活。

おつかれさま、ありがとう~
元気に育ってくれるといいよね。

   *

ところで今朝は、カーテンを開けたら
空が見事な "サカナ" でした!

 tamaryu16.jpg

秋ですね~(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:ガーデニング ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック