赤松材との格闘
2013年09月11日 (水) | 編集 |
今日は、木材を買ってきました。
長さ1820mm、30mm角の赤松材です。

 redPine01.jpg

30mm角でこの長さの木材は
杉やヒノキのものもお店にありましたが、
それぞれ1本が¥1,000近くします。

かたやこの赤松材は 1本¥238と、かなりリーズナブル(^^)
5本買って、カットも何度かしてもらいました。

 redPine02.jpg

今日はこれを使って木工しようと思っていますが、
ちょっと、うまくいくかどうか自信がないのです。
でも、勇気を出して挑戦してみようと思います♪

   *

今回したいのは、木に溝を彫ること。

そういう作業を行うための電動工具もあるそうなのですが、
わたしは持っていません。

あったら超便利なのかもしれませんが
ないものはしょうがないので、
地道に、カッターナイフで溝を彫っていきました。

 redPine03.jpg

切断系の工具は憧れますが、なかなか
「買えばいいじゃん」というものでもないんですよねぇ。

ドリルやサンダーくらいなら万一の怪我も しれているけれど、
丸ノコとか、ほんと危なさそう。
知識不足で手を出してはいけないものだと思って、ガマンしております。
指がなくなっちゃったら、編み物できませんもんね。

 redPine04.jpg

節の部分が特に固く、手こずりました。

そもそも買う時に節や反りのない木材を選ぶというのが
セオリだとは思いますが、
なかなか、選べるだけの本数がないことも多いです。

今回の赤松材は5本必要でしたが、
売り場にあったのは7本だったかな。
1本は縦にビシッと割れていたのでよけると、
もうほとんど、選ぶ余地はないのでした。

買ったうちの1本はかなり曲がっていたけれど、
なんとかハタガネで矯正できるかな~と期待しています。

溝を彫る作業、ときどき綺麗にパリっと取れたりすると
気持ちが良くて嫌いではないのですけれど、
とにかく手の力が必要で、
やすみやすみ4日くらいかけて彫ったのですが、
腱鞘炎かと思うくらい、右手の調子がおかしくなりました。

でも赤松材は、硬すぎず柔らかすぎず、
ちょうど良い素材だったと思います。

 redPine05.jpg

なんとか彫りあがったら、ここでいったん塗装。
今回は、ペンキで塗ります。

 redPine06.jpg

娘もちょっと参加。
こういう、失敗しそうにない作業は
気軽に参加させてあげられます。

角材の4面全てを2度塗りしたので、
1面ずつ、塗っては乾かしを8回して、ひとまず塗装完了。

 redPine07.jpg

ふう、ここまで1週間くらいかかってしまっています。

 redPine08.jpg

やっとドリルの登場。
いつものように、ダボ穴と下穴をあけます。

側面から打つネジと干渉しないような位置にあけたつもりですが、
これで大丈夫かな……。

 redPine09.jpg

ボンドを塗ってハタガネで仮止めした後、ネジを打ちます。

 redPine10.jpg

さて、ここで使いたいのが、こちら。

 redPine11.jpg

塩ビ板です。
サイズは 910×600mm・厚さ0.5mm という、結構大きなものです。

一生懸命彫っていた溝は、
この塩ビ板を挿しこむために準備したものでした。

 redPine12.jpg

はじめからうまくはいかないだろうなぁと思っていましたが、
思っていた以上になかなかハマらず、
もう一度溝を彫り直したり、調整に苦労しました。

塩ビ板が薄いので、ここまで大きなサイズだと
"たわみ" が大きいんですよね。
自然にまっすぐな状態で保たれないのが、
作業を難しくしていた原因でした。

だましだまし、なんとかハマって
スクリーン状のものが完成しました。

 redPine13.jpg

あ~時間かかったなぁ。
不用意に触ると はずれたりすることがあるので、
完成したら、二度と触らない!! くらいのつもりで
使おうと思っています(汗)。

 redPine14.jpg

これと同じものをもっと作らないといけないので、
まだまだ先は長いです~ (@o@;)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ


スポンサーサイト

  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
大作ですね♪
今回はなんでしょう?
ディスプレイケースかなぁ~。

ナーさんはホントがんばり屋さんですね。
最後にはとっても素敵なものが出来上がるので
尊敬しちゃうなぁ。

私もナーさんの木工が大好きなので、真似して
いろいろ道具を揃え、インテリアコレクションケースを
使って4段トレイを作りました。
それも3つ・・・。(パパ用、私用、娘用)
でもうまく出来なかったんです・・・(泣)
ダボ穴も浅かったり、貫通しちゃったり。
ダボ処理は糸ノコで傷をつけちゃったり。
難しいですね。
でも諦めずになんとか作れたので、これに懲りず
これからもがんばって続けたいと思います。
また、ナーさんの真似しちゃいますけど、許して下さいね(^_^;)
2013/09/11(Wed) 12:22 | URL  | kotobuki #-[ 編集]
kotobukiさん、こんにちは。

小引き出し3つも作られたんですか!
家族全員分作ってあげるなんて、やさしいなー。

ダボ穴貫通は泣けますね(T-T)
ダボ切る時にイトノコで傷、はわたしもよくやります。(泣けますね)

今回の作品も100点にはほど遠いのですが、
まぁこれも修行の過程のひとつというわけで、
続きを見てやってください(^^)
2013/09/12(Thu) 03:54 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック