木工雑貨・プチトロ箱
2013年10月03日 (木) | 編集 |
この間作ったコレクションケース。

オマケでつけた収納部分の壁面には
手持ちのSPF材を使用しました。

 toroBox32.jpg

50~70cmほどだったそれぞれの端材から
295mmずつ6枚の板をとって、
それぞれからまた多少の端材が出ました。

たかだかこれだけのものでも、
やっぱり捨ててしまうにはしのびない。

 toroBox33.jpg

というわけでこれらを使って、
"オマケのオマケ"作品を作ろうと思います。

   *

それぞれ2本ずつ同じ長さで残っていたので、
その残りも2本ずつ、同じ長さになっています。

SPF材は厚さが18mmあるので、
ネジを打って組み立てる作業がしやすいです。

 toroBox34.jpg

縦横に組んだ板をネジ止めして、ダボ処理しました。

SPF材はワトコオイルで塗装したのですが、
ペンキも使ってみました。

 toroBox35.jpg

この前、バターミルクペイントの白を買い足した時に
#1-1 Wilder Chair Yellow という色も、
お試しで買っておいたんです。

白以外の色はたまにしか使わないので、
一番小さな 50ml のタイプで。

白(#13-25 Yellowish White)は、これより2周り大きい
473ml のタイプで買っています。
(うしろの大きい方の容器です。
 ちなみにもっと大きい、946ml、3785mlというタイプもあります)

新しいペンキはワクワクします(^^)
塗ってみると、なかなか優しいクリーム色でした。
結構しっかり重ね塗りしておきましたよ。

 toroBox36.jpg

塗りあがった板を、順にカクシ釘で打ちつけていったら できあがり。

この前作った「トロ箱」の、
プチサイズバージョンができました(^^)

 toroBox37.jpg

偶然残ったサイズの木材を使ったわけですが、
箱としての縦横の比率は、なかなか良かったように思います。

およそ190×155mm。
ちょっとしたスペースに置ける、
かわいらしいサイズのボックスになりました。

ペンキでペイントした部分の木材も
端材から賄ったのですが、
"棟梁" が仲間になってから気軽に端材をカットし直せるので、
端材の活用の幅が広がって、嬉しい限り(^^)

 toroBox38.jpg

"親子" で積んでもかわいいかもですね♪

 toroBox39.jpg
   「ばあ! ・・・びっくりした?」

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ


スポンサーサイト

  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック