LEGO ミニフィギュアシリーズ10
2013年06月15日 (土) | 編集 |
最近 Amazonって、"あわせ買いプログラム"
というのありますね。

低価格の商品を、合計¥2,500を超える場合のみ買える
ようにして、取り扱いするようになったわけですね。

レゴのミニフィギュアシリーズ10も、
この "あわせ買いプログラム" の対象商品として出ていました。

ひとつ¥368だったので、これだけだと
7袋も買わないと¥2,500を超えないのですけれど、
ちょうど先週載せた「CHARACTER ENCYCLOPEDIA」を
買うタイミングだったので、
お試しで ふたつ買ってみました。

 LEGOMinifigSeries10-01.jpg

ちなみに、お会計時にギフト券などを使って
合計が¥2,500を下回っても、それはOK。
購入することができます。

わたし、このシリーズではあんまり "引き" が良くないので、
ちょっと心配。
ラインナップに、すごくほしいと思うのがあったので
買ってみたのですが、
袋でこっちを睨んでいるメデューサが出ちゃいそうで、怖いです。

でも今回、ひとつめの袋から出たのは、

 LEGOMinifigSeries10-02.jpg

おじいちゃんでした!

普通なミニフィグが出て、嬉しいです。
かぶりものがすごい。

これを見た感じでは、ふつうのおじいちゃん
という印象でしたが、encyclopedia によれば、

 doesn't like anything new(!)

という、かなり気難し屋のジーさんのようです。

 Dislikes: Anything invented after 1910

って、そうでないものを探す方が難しそう。

 LEGOMinifigSeries10-03.jpg

でもこれを読んで、おじいちゃんの持っていた新聞が
"「新」聞" じゃなかったのが納得でした。

   *

もうひと袋から出たのは、

 LEGOMinifigSeries10-04.jpg

Revolutionary Soldier というミニフィグでした。

アメリカ独立戦争の兵士さんなんですね。
encyclopedia を見たので名前が分かりましたが、
袋から出た時には、
こんなかつらかぶって戦争してた兵士って
いつの時代のことだろう、と思ってしまいました。

 LEGOMinifigSeries10-05.jpg

このミニフィグのために作られた
新しいかぶりものだそうですが、兵士というより、
モーツァルトとかの音楽家みたいに思えました。

ちなみにこのミニフィグの豆知識は、
「Revolutionary Soldier が持ってるマスケット銃が
最初に出たのは、1989年のパイレーツシリーズだよ!」
でした。

encyclopedia は、買う時に
ミニフィグひとつのために買うのは
ひととしてダメな気がして迷ったのですが、
案外、おもしろく活用させてもらっているのでした(^^)

 LEGOMinifigSeries10-06.jpg

一番ほしかったのとは違うけれど、
今回は、思いのほか良いのが出ました! よかった~

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:フィギュア ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック