木工家具・洗濯板(?)
2013年06月27日 (木) | 編集 |
今日は、木材を買ってきました。

 KarteCase01.jpg

今回作ろうとしているものは 奥行きが 330mm 必要で、

(SPF材だと1本の幅が89mmだから、中途半端になっちゃうな…
何の木で作ろうかな??)

と思いながら売り場に行ったら、
150mm幅と180mm幅の杉材がありました!
2枚並べたら、ぴったり330mm。
これだ~と、即決でした。

それぞれ必要な長さにカットしてもらって、
ボンドとハタガネでつないだ後、塗装しました。

 KarteCase02.jpg

一方こちらは、ベニヤ板。

1830×920×2.3mmという、とても大きなサイズの板です。
そのままでは わたしの車には入らないので、
縦に3等分にしてもらいました。

この厚みのベニヤ板は、カッターナイフで切ることができます。
カッターを10回も使えば簡単にカットできます。
4mm厚、5mm厚のベニヤはちょっと、
カッターナイフで切るのは難しいですね。

今回は細かくカットする必要があったので、
自分で切れる厚みのベニヤを選びましたよ。

かなり場所をとるので、急いでカットしました。
同じ大きさに、20枚くらいに切りました。

 KarteCase03.jpg

わたしベニヤ、こわいんですよね(×o×)
過去に何度か、とげが刺さったことがあるので・・・
そうならないよう、慎重に作業しました。

切り口をヤスリ掛けした後、
たくさんあるので何度かに分けて、塗装しました。

その他に購入したのは、こちら。

 KarteCase04.jpg

ヒノキ工作材。

5x5mm と迷ったのですけれど、
ちょっとでも切るのが簡単そうな 4x4mm のサイズを選びました。

長さは900mm。
これもカッターナイフで3等分に切りました。
カットできたら、これも塗装。

今回はそんな具合に、塗装に時間がかかりましたよ。
やっとこさすべてのパーツの準備が終わったので、
組み立てに入ります。

まずヒノキ工作材を、杉材に取りつけていきます。
ボンドをつけた後、こびょうを打ちました。

 KarteCase05.jpg

釘を打つのは難しいですが、
こびょうなら、わたしにも打てます。

「きれいに打てる」わけではなく、
「多少曲がっても問題ない」というわけです・・・

作業中に娘が帰ってきたので、
ちょっとやらせてあげました。
少し打っておいたこびょうを金槌で打ち込む作業、
7歳にもできて、嬉しそうでした。

というわけで、20本ほどのヒノキ工作材をつけました。

 KarteCase06.jpg

今回作っていたのは、洗濯板です(!)

・・・というのは、冗談です。

でも、(まるで洗濯板みたい…)と思っていたところに
娘に「あ! せんたくゴシゴシするやつだ!」
と言われたので、可笑しかったのです。

こびょうは、150本以上打ったことになるのかな?
滅多に使わない金槌で打つ作業が、楽しかったです。

さて、洗濯板でないとしたら、何ができあがるでしょうか。
次回完成図まで載せたいと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ


スポンサーサイト




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
引き出しかな♪
最近、ガーデニングの記事が多かったので、ナーさん、何か作っていそう!と思っていましたよ^o^
前に、引き出しを作るのは大変だと言ってたから簡易的な引き出し?とか。
何にしても明日まで待ちきれない〜(≧∇≦)
2013/06/27(Thu) 17:35 | URL  | kotobuki #-[ 編集]
kotobuki さん、こんにちは。

す、するどい(^^)!
記事の傾向からそんな予測ができるなんて、
プロですね!(何の?)

また「つづきは明日」にしちゃって
ゴメンなさいね(^^)
ご期待に応えられているとよいですが・・・
2013/06/28(Fri) 03:42 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック