kraso[クラソ] 2013 春と夏
2013年02月26日 (火) | 編集 |
フェリシモ3月分の荷物が届いたのですが、
今年の春は、残念なことが起こってしまいました。

 kraso2013-01.jpg

それはこちら。
同梱されていた "クラソ" のカタログ。

うすうす(?)噂に聞いてはいたのですが、なんと、

 kraso2013-02.jpg

今まで別々だった "クチュリエ" のカタログが、
一緒になりました! なんですよ。

こらっ!!

なんでそんなことするのーー

クラソというのは、フェリシモの商品のうち
雑貨のカタログです。
それに、ハンドメイドキットの商品も
含めてしまったわけですね。

わたしは、クチュリエのカタログが好きなんです。
これだけは注文期限が過ぎても処分せず
とってあるくらい、気に入っていたんです。

 kraso2013-03.jpg

1冊だけ赤いのは、2011年春夏号。
その号だけ(たぶん震災の影響で)中綴じ製法だったので、
わざわざ書店売りのカタログを買ってまで揃えていました。

それがこのしうち・・・

以前から分厚かったクラソのカタログですけれど、
ゆうにクチュリエ3冊分はあります。
今後これを次々保管していくのは、つらい・・・

クチュリエのカタログは、毎号表紙が素敵でした。
"その時イチオシの手芸はこれなんだ!" という
スタッフさんたちの気持ちが伝わってくるようで。

このカタログの表紙は、何回見ても
そういう思いが伝わってきません。

 kraso2013-04.jpg

このポンポンみたいなやつを、社をあげて
今期 押してるんでしょうか。
にしては、ピントが合ってるのはポンポンじゃなくて
モデルさんの顔の表面ですよ?
瞳も隠れきっていないし、
なんでこの写真を選んだんだろう。

 kraso2013-05.jpg

表紙をめくって早々ある「クラソの楽しみ方」という
「大人たばこ養成講座」みたいなページは
冗談なのかなんなのか、今のわたしには楽しめなかったな…。

いつもブログには、
嬉しかったこと、楽しかったこと、いいなと思ったこと、
そういう "プラス" の事柄を書いています。
そうでないことを書いても、つまらないですからね。

でもこれは、書かずにいられなかったな~~

クチュリエとクラソの合体が嬉しくないわたしは、
少数派なのでしょうか。

   *

気を取り直して、中を見ました。

 kraso2013-06.jpg

「旧クチュリエ」の商品は、巻末の
「作るエリア」というコーナーに収録されています。
(この扉ページの手抜き感もすごい)

分厚いカタログの中に
点在しているわけではないのが救いです。

いつもとっているキットが続いていることを確認しつつ
新しいキットで気になったのは、まずこちら。

 kraso2013-07.jpg

つまみ細工の新しいシリーズが始まっていました。
(「和洋折衷 世界の国花をちりめんで咲かせた
つまみ細工の会」)

つまみ細工って、いろんな表現ができるんですね。
右上の赤い "バラ" なんて、一見すると
つまみ細工に見えませんね。

 kraso2013-08.jpg

それからこれ、くまのがっこうの
新しいクロスステッチキット♪
(「くまのがっこう 絵本から飛び出したジャッキーの
クロスステッチフレームの会」)

かわいいな(^^)
まだ、14回予約の「アルファベット表の会」も
引き続き載っています。

こちらは1回でも2回でもとれるので、気楽ですね。
(毎回フレームがついてくるから、たまってくると大変かな)

あと、これ不思議!

 kraso2013-09.jpg

「カードでできる小さな手織り
 織り模様がかわいい ブレスレットの会」。

どういう仕組みなんだろう??
こんな手芸があるんですね。知らなかったなぁ。

でも、材料つきのキットが¥1,950、
はじめての場合必要なカードセットが¥1,400、となると
なかなか気軽に「ちょっと試してみよう」、と
思いにくくはありますね。

今回一番きれいだなと思ったのが、これです。

 kraso2013-10.jpg

タティングレースの新しいキットが出ていました。
(「繊細モチーフにうっとり タティングレースの
白いお花畑の会」)

超難しそうだけれど、とても綺麗です。
レースをつないでいる、真ん中の四葉モチーフもかわいい♪

ああ、この写真が表紙になった
「クチュリエ 2013年 春夏号」がほしいです。(ノд・。)しょんぼり

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:ネットショップ・通販 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ☆
クチュリエは私もそう思いました!!
クラソがとても分厚くなって
なんだか見づらい。。。
クチュリエは何回も何回も見て楽しんでたので
今回のはなんだかなぁって感じです(^^;)
もともと雑貨メインのクラソはほとんど見なかったし。。。
また元に戻って欲しいですよねぇ。
最後のタティングレースは綺麗ですよね♪
作ってみたいですけど
他にもとってあるのがあるし作れてないしで
まだ鑑賞中です(*^ー^*)
2013/02/26(Tue) 14:32 | URL  | ♪くらりぃ~♪ #-[ 編集]
思わず
私も同じくクチュリエカタログとっておいてます!
雪の影響からか、まだカタログなど届いていないので知らなかったのですが、そんなことになっていたとは…!
いつもひっそりとナーさんのブログを楽しみにしているのですが、ナーさんと同じ気持ちで思わずコメントしてしまいました。
残念ですねぇ…。。・゚・(*ノД`*)・゚・。
2013/02/26(Tue) 15:15 | URL  | 鮭子 #5X5MRA9A[ 編集]
同感!!
私もクラソと一緒になってとてつもなく残念組です。
これでクチュリエ好きさんにクラソ商品を買ってもらおうという魂胆なのでしょうから、絶対買わないようにしようと決めました(笑)
顧客の楽しみよりも社の売り上げアップをとった結果でしょうねぇー。
ベルメゾンをやめて、フェリシモにしていたけれど、もう一回ベルメゾンに戻ろうか検討中。。。
2013/02/26(Tue) 15:39 | URL  | あねみー #4A9T8td.[ 編集]
みなさん、メッセージありがとうございます。
共感してもらえる方がいらっしゃって、
ちょっと救われました(^^)


◇ ♪くらりぃ~♪さん

そうですよねぇ。前のカタログは気軽にめくれたけれど、
今回のは重たすぎて、よい姿勢で座らないと読めないです(汗)。

クチュリエの部分だけ見ると、写真も綺麗で
熱意は変わっていないように思えるので、よけい残念ですね(×o×)


◇ 鮭子さん

鮭子さんもクチュリエのカタログとっておかれてるんですね♪

今の世の中は、顧客のニーズに合わせて細分化していく方が
主流かと思っていました。逆なんですねぇ。
カタログ到着したら、ぜひこのずっしり感をお確かめください…。


◇ あねみーさん

あはは、クチュリエへの愛が高じて、
クラソへの憎しみがつのってきちゃいますね(^^)

そうか、そういう魂胆だったのか。
わたしは逆に、雑貨好きさんをハンドメイドの世界へ
引き込もうという作戦かなと思っていました。
カタログ合体でどのくらいの効果が上がるのか、疑問ですねー。
2013/02/27(Wed) 05:16 | URL  | ナー #-[ 編集]
クチュリエ4月11日発売予定?
突然お邪魔します。
フェリシモのカード織りキット情報を
監修のペシュカさんブログでキット情報を知り、
検索してこちらのブログにたどりつきました。

私もクチュリエのカタログが好きで、
たまに書店で買っています。
書店でやっとクラソを買おうとしたら、
手芸系が6~7コースしか載っていませんでした。
ネットを見たら、クチュリエ単独のカタログが、
4月11日に発売されるっぽいですよ。
http://www.felissimo.co.jp/catalog/v2/cfm/products_detail001.cfm?gcd=540670&wk=39650

すでにご存知だったらごめんなさい。
2013/03/23(Sat) 13:00 | URL  | あや #-[ 編集]
あやさん、こんにちは。

情報ありがとうございます!
クチュリエは、書店売りでは単体で発売されるんですね!
嬉しいです~(^^)/ 絶対に購入しようと思います。

クラソは書店売りもほとんど同じデザインの表紙なんですね。
クチュリエの書店売りカタログの表紙はどうなるのか、
楽しみです(^^)
2013/03/24(Sun) 05:23 | URL  | ナー #-[ 編集]
クチュリエ買いました
書店に行ってビックリ。
表紙、ナーさんの予言どおり?タティングでした。
ただね、あの写真じゃなかったんです。
どピンク。
ショックで一瞬、買う気が萎えました。
アマゾンにはカットクロス100枚付き特別版980円もあるみたいです。
これからジックリ中を眺めまーす。
とりあえずご報告でした。
2013/04/13(Sat) 19:22 | URL  | あや #-[ 編集]
あやさん、こんにちは。

その節は、情報ありがとうございました。
今日まで気にかけて下さって、ほんとにありがとうございます。

おかげさまでわたしも、いつもの厚みのカタログを
手に入れることができました(^^)
今日の記事で、ご報告しようと思っています。

表紙の色、びっくりしましたね!
配布するものではなく販売するものなので、
目立つ色と大きなフォントで
デザインされたんでしょうか。
背表紙があの色でなくて、よかったです(^^)
2013/04/14(Sun) 06:02 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック